依田宣夫の一言コラム

   

 第1281回から第1290回  





「家庭経営とは」 家庭決算書とは   「家庭簿記入門」





 Top   Home 会社概要 家庭決算書 ソフト家庭決算書 コ ラ ム  トピックス 本・雑誌の紹介 家庭簿記 簿記3級 スマフォ簿記3級 ブログ
令和4年度銘 望地                                 家計会計協会
 
  一言コラム一覧 
第1291回から第1300回
第1281回から第1290回
第1271回から第1280回
第1261回から第1270回
第1251回から第1260回
第1241回から第1250回
第1231回から第1240回
第1221回から第1230回
第1211回から第1220回
第1201回から第1210回
第1191回から第1200回
第1181回から第1190回
第1171回から第1180回
第1161回から第1170回
第1151回から第1160回
第1141回から第1150回
第1131回から第1140回
第1121回から第1130回
第1111回から第1120回
第1101回から第1110回
第1091回から第1100回
第1081回から第1090回
第1071回から第1080回
第1061回から第1070回
第1051回から第1060回
第1041回から第1050回
第1031回から第1040回
第1021回から第1030回
第1011回から第1020回
第1001回から第1010回
第991回から第1000回
第981回から第990回
第971回から第980回
第961回から第970回
第951回から第960回
第941回から第950回
第931回から第940回
第921回から第930回
第911回から第920回
第901回から第910回
第891回から第900回
第881回から第890回
第871回から第880回
第861回から第870回
第851回から第860回
第841回から第850回
第831回から第840回
第821回から第830回
第811回から第820回
第801回から第810回 
第791回から第800回
第781回から第790回
第771回から第780回
第761回から第770回
第751回から第760回
第741回から第750回
第731回から第740回
第721回から第730回
第711回から第720回
第701回から第710回
第691回から第700回
第681回から第690回
第671回から第680回
第661回から第670回
第651回から第660回
第641回から第650回
第631回から第640回
第621回から第630回
第611回から第620回
第611回から第620回
第601回から第610回
第591回〜600回

第581回〜第590回

第571回〜第580回

第561回〜570回

第551回〜560回

 第541回550回

 第531回〜540回

第521回〜530回

第511回〜520回

第501回〜510回

第491回〜第500回

第481回〜第490回

第471回〜第480回   

第461回〜第470回

第451回〜460回

第441回〜第450回

第431回〜第440回

第421回〜430回

第411回第420回

第401回〜410回

第391回〜400回

第381回〜第390回

第371回〜第380回

第361回〜第370回

第351回から第360回

第341回から第350回

第331回から第340回

第321回〜第330回

第311回から第320回

第301回から第310回

第291回〜第300  

第281回から第290回

第271回から第280回

第261回から第270回

第251回から第260回

第241回〜第250回
第231回から第240回
第221回から第230回

第211回から第220回

第201回から第210回
第191回〜第200回

第181回から第190回

第171回から第180回

第161回から第170回

第151回から第160回

第141回〜第150回

第131回から第140回

第121回から第130回

第111回から第120回

第91回から100回

第81回から第90回

第71回から第80回
第61回から第70回
第51回から第60回
第41回から第50回 
第31回から第40回
第21回から第30回
第11回から第20回

第1回から第10回

 

      

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  特集コラム1 1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

   特集コラム2  1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

 


                          
      
第1281回から第1290回


第1290回

クレジットカード(カード未払金)の入力 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

第1289回

カードポイントの入力と消費損益計算書 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

第1288回

電子マネーの入力と元帳 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

第1287回

11月消費者物価3.7%上昇

第1286回

複式簿記と2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」  家庭経営ソフト「家庭決算書」

第1285回

2022年(令和4年)12月人口推計総数1億2484万人男6069万人女6415万人

第1284回

家庭の本当の財産 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」
第1283回 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」ファミリー版   家庭経営ソフト「家庭決算書」
第1282回 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」プライベート版

第1281回

2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」スタンダード版




第1290回 クレジットカード(カード未払金)の入力 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

  2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

  クレジットカード(カード未払金)の入力

クレジットカードを利用した商品やサービスの購入取引(クレジットカード利 用による出金)が
あった場合は、ここで入力します。


カード未 払金
 内容 : クレジットカード、電子マネーの後払い 形式による購入代金の
      未払い分 (未決済分)残高を記録するための科目

 評価額:クレジットカードの未払い(未決済) 残高の合計金額







‘ 付:日付のプルダウンメニューをクリックするとカレンダーが表示され ます。
     カレンダーから入出金のあった日を選択すると、日付が入力されます。

右方(増):「クレジットカード」入力画面は、クレジットカードで物品や サービスを
        購入した時のみ使用するため、この入力欄は「右方(増)」で固定 されています。
       クレジットカードの利用金額が銀行等で決済された時の入力処理は、
       「普通預金」入力画面で行います。

F 容:購入品の内容を記録する摘要欄です。商品名、店名などを直接入力し ます。
     この摘要欄は空白のままでも構いません。

ち蠎蟆別棔Р別椶離廛襯瀬Ε鵐瓮縫紂爾鬟リックすると科目一覧が表示され ます。
        該当科目をクリックすると科目が入力されます。
       また、「主な相手科目」に表示された36科目は、当該科目をクリックする
       ことで相手科目欄に入力することができます。 科目の入力を間違えたときは、正しい科目を
       選び直してクリックすると、正しい 科目が入ります。

ザ 額:消費税込みの金額を直接入力します。

    ※消費税と本体価格を分けて管理することができます。 消費税と本体価格を分けて
     管理する時は、本体価格を当該科目に、消費税額を 「税金等−その他税金」に入力します。

Дード会社選択:クレジットカードの入力画面では、「初期設定」で登録した カード会社ごとに
     出金額を入力します。
      カード会社を変更する場合は、プルダウンメニューからカード会社を選択し、
     ク リックしてください。画面が切り替わります。

┯ 帳:元帳をクリックすると、当該クレジットカードの月毎の利用明細が表示されます。

登 録:入力が済むと、『登録』ボタンがクリックできる状態になり、『登録』 ボタンをクリックすると、
      下の一覧表に追加されます。

クリア:入力間違えをしたとき、行全部を消去する場合に使用します。



(注)
1.普通預金口座からの利用代金の引き落とし(決済)は、「普通預金」の入 力画面で処理します。
2.クレジットカード決済による前払い式電子マネーへの「入金(チャージ)」 は、電子マネー入力画面で
  処理します。
  クレジットカード入力画面から「出金 (チャージ)」処理はできません。
3.後払い式電子マネーを利用した取引は、当該電子マネーに決済が紐づいたクレジットカードを
  選択して処理します。

 訂正・複写・削除:「訂正・複写・削除」したいデータがある場合には、一覧表から、その行の
 「訂正・複写・削除」ボタンをクリックすると、その行に記入 されたデータの「訂正・複写・削除」が
 できます。
















      ダウンロードの手引き


・「家庭決算書」ホームページ(kateikeiei.com)のリンクボタン、または「VECTOR」のサイトで
 「家庭決算書」を検索し、緑色の「ダウンロードはこちら」をクリックします。


・次の画面で緑色の「このソフトを今す ぐダウンロード」をクリッ クします。

・ご使用中の PC に「家庭決算書」ソフトの「圧縮フォ ルダー」がダウンロードさ れます。

・フォルダーを開く又は下のこの表示(フォルダーを開く)をクリックしま す


・「圧縮フォルダー」のダウンロードが終了したら、 圧縮フォルダーのアイコンをクリックして
 圧縮フォルダーを解凍します。

・「オリジナル版」のフォルダーを選択し、クリックしてフォルダーを 開きます
 (「プライベート版」「ファミリー版」をダウンロードした場合 は、それぞれの名称のフォルダーが
 ダウンロードされます)。

・「FamilyAccount2023_Setup」をダブルクリックして、「家庭決算書」 ソフトのセットアップを
 開始します


・ご利用中の PC やブラウザーの環境によって、「警告文」が出ることがあります。
・「実行しない」を選択すると、セットアップが中止されます。
・セットアップを継続して行うためには、「詳細情報」をクリックします


・前画面で「実行」をクリックすると、「家庭決算書 2023セットアップウィザードへようこそ」 の
 画面が現れます。
・右下の「次へ(N)〉」をクリックします。
・使用許諾契約書の内容をよくお読みいただき、「同意する(A)」を選択すると、右下の
「次へ(N)〉」がクリックできるようになります。
・「次へ(N)〉」をクリックします

・前画面で「次へ(N)〉」をクリックすると、「インストール フォルダの選択」が現れます。
・「インストールを行うフォルダ」と「ユーザー」を変更したい方はご希望の「フォルダ」と
 「ユーザー」を選択し、「次へ(N)〉」をクリックします。
※注意
・ご使用中の PC やブラウザーの環境によって、「この不明な発行元からのアプリが
 デバイスに 変更を加えることを許可しますか?」という警告文が現れることがあります。
・「はい」を選択すると、次の「インストールの確認」画面に進みます。
・「いいえ」を選択すると、インストールは中止されます


・「インストールの確認」画面で、右下の「次へ(N)〉」をクリックすると、インストールを
 開始します。


・インストールが完了すると、「インストールが完了しました。」の画面が現れます。
・「閉じる(C)」をクリックして、この画面を閉じます。
・ご使用中の PC のデスクトップ画面に「家庭決算書 2023」ソフトのショートカットアイコンが
 作成されます

・デスクトップに作成された「家庭決算書 2023」のアイコンを クリックすると、
 「ライセンス認証」画面が現れます

・「ライセンス認証」画面の「試用」ボタンをクリックすると、「家庭決算書」ソフトの利用が
 可能になります。
・試用期間の90 日が過ぎると、ライセンスキーを入力しない限りソフトの利用が
 できなく なります。

・ライセンスキーは VECTOR のサイトで購入手続きが完了すると 発行されます。

・ライセンスキーを入力し、「登録」ボタンをクリックすると、ソフトの継続利用が可能となり、
以後、この「ライセンス認証」画面は現れなくなります

・「ライセンス認証」画面の「試用」ボタンをクリックすると、「家庭決算書」ソフトが自動的に
 立ち上がり、「ようこそ」の画面が現れます。
・「ようこそ」の内容を確認し、左上の「開始月へ」ボタンをクリックすると、
 「初期設定」 画面が現れます。


・「初期設定」画面で、「初期設定 財産対照表」を作成します。
・「開始月」「現金」「電子マネー」……とすべての項目に必要な数値や金額を入力されます。
・「初期設定 財産対照表」の各科目に該当する内容は、画面内の説明文や左カラムの
 「マニュアル」を参照してください。 ・「初期設定 財産対照表」のすべての科目や金額は、
 左カラムの「初期設定」ボタンから いつでも追加・訂正・削除が可能です。
・「完了」ボタンをクリックすると、「初期設定 財産対照表」が作成されます。
 家庭決算書の利用方法は、マニュアルをご参照ください












第1289回 カードポイントの入力と消費損益計算書 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」


    2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

   カードポイントの入力と消費損益計算書


カードポイントは、商品・サービスの購入時に付与され、当該ストアのみで利用できる
「ハウス(ストア)ポイント」と、当該金融サービスに加盟する全てのス トアで利用できる「共通(電子)ポイント」に
大別することができます。

カード ポイント

   内容 : 商品・サービスの購入時等に付与される ポイントやボーナスを記録するための科目

   評価額:カードポイントの残高の合計額 (1 ポイントが 1 円になるように換 算して記入します)


カードポイントの入出金があった場合は、ここで入力します。


カードポイントの入力処理

(1)T 社のカードポイントが10円分付与された場合

  「カードポイント」入力画面で
  ‘付入出金「入金(増)」、F睛董屮櫂 ント付与」、ち蠎蟆別棔崙段娘入−カードポイント収入」、
  ザ盂曄孱隠葦漾廚 入力し、─崚佻拭廛椒織鵑魏,后

(2)食糧品の購入に T 社のカードポイント20円分を使用した場合

  「カードポイント」入力画面で、
  ‘付入出金「出金(減)」、F睛董嵜糧品」、ち蠎蟆別棔崙常生活費−食糧費」、ザ盂曄孱横葦漾廚
  入力し、─崚佻拭 ボタンを押す。

(3)T 社のカードポイント30円分が、期限切れや会社の都合で失効した場合

  「カードポイント」入力画面で、
  ‘付入出金「出金(減)」、F睛董屮櫂 ント失効」、ち蠎蟆別棔崙段名暖顱櫂ードポイント損失」、
  ザ盂曄孱械葦漾廚 入力し、─崚佻拭廛椒織鵑魏,后



「カードポイント 収入」   クレジットカードや電子マネーで付与されるポイントやボーナスを記録するための科目

「カードポイント 損失」   クレジットカードや電子マネーのポイントが、期限切れ等で失効した場合の損失金額を
                記録するための科目


  (1)カードポイント入力




  (2)消費損益計算書











第1288回 電子マネーの入力と元帳 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

   2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

   電子マネーの入力と元帳

プリペイド型(前払い型)電子マネーの入出金に関するものは、ここで入力しま す。

(例) QR コード型:PayPay、d払い、auPay、LINE Pay、R(楽天)Cash など IC カード型:
   Edy、Suica、ICOCA、PASMO、nanaco、WAON など

電子マネー
  内容 : PayPay、d払い、auPay などの QR コ ード型、パスモ、スイカ、エディ、WAON、 nanacoなど
        IC カード型の電子マネーを 記録するための科目

  評価額:電子マネーの残高の合計金額

なお、即時払い型(例・デビットカード、iD など)は「普通預金」入力画面で、 後払い型
(例・QUICPay、R(楽天)Pay などのクレジットカードに紐づいた取引) は「クレジットカード」
入力画面で処理します。






‘ 付:日付のプルダウンメニューをクリックするとカレンダーが表示され ます。カレンダーから入出金の
      あった日を選択すると、日付が入力されます。

入出金:その金額が電子マネーに入ってきたもの(電子マネーを増加させた) か、出ていったもの(電子マネーを
       減少させた)かによって、「入金(増)/出金 (減)」のいずれかを選択します。

(注)
1.現金による電子マネーへの「入金(チャージ)」は、電子マネー入力画面で 処理します。現金入力画面から
  「出金(チャージ)」処理はできません。

2.クレジットカード決済による電子マネーへの「入金(チャージ)」は、電子 マネー入力画面で処理します。
   クレジットカード入力画面から「出金(チャー ジ)」処理はできません。

3.カードポイントを併用して決済(商品購入)する場合は、電子マネー入力画面からカードポイント利用額を
  「入金」処理、またはカードポイント入力画面か らカードポイント利用額を「出金」処理します。
  両方の入力画面から処理するこ とができます。


F 容:購入品の内容を記録する摘要欄です。商品名、店名などを直接入力し ます。
     この摘要欄は空白のままでも構いません。

ち蠎蟆別棔Р別椶離廛襯瀬Ε鵐瓮縫紂爾鬟リックすると科目一覧が表示され ます。 該当科目をクリックすると
        科目が入力されます。
 また、「主な相手科目」に表示された36科目は、当該科目をクリックするこ とで相手科目欄に入力すること
 ができます。 科目の入力を間違えたときは、正しい科目を選び直してクリックすると、正しい 科目が入ります。

ザ 額:消費税込みの金額を直接入力します。
       ※消費税と本体価格を分けて管理することができます。 消費税と本体価格を分けて管理する時は、
      本体価格を当該科目に、消費税額を 「税金等−その他税金」に入力します。

電子マネー会社選択:電子マネーの入力画面では、「初期設定」で登録した電 子マネー会社ごとに
    人出金額を入力します。 電子マネー会社を変更する場合は、プルダウンメニューから電子マネー会社を
    選択し、クリックしてください。画面が切り替わります。

┯ 帳:元帳をクリックすると、当該電子マネーの月毎の取引明細が表示さ れます。

登 録:入力が済むと、『登録』ボタンがクリックできる状態になり、『登録』 ボタンをクリックすると、
     下の一覧表に追加されます。

クリア:入力間違えをしたとき、行全部を消去する場合に使用します。


訂正・複写・削除:「訂正・複写・削除」したいデータがある場合には、一覧表 から、その行の
「訂正・複写・削除」ボタンをクリックすると、その行に記入され たデータの「訂正・複写・削除」が
できます。














第1287回 11月消費者物価3.7%上昇


 日経新聞2022年12月23日 8:33 (2022年12月23日 11:16更新)

総務省が23日発表した11月の消費者物価指数(CPI、2020年=100)は変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が103.8となり、前年同月比で3.7%上昇した。第2次石油危機の影響で物価高が続いていた1981年12月の4.0%以来、40年11カ月ぶりの伸び率となった。円安や資源高の影響で、食料品やエネルギーといった生活に欠かせない品目が値上がりしている。

15カ月連続で上昇した。政府・日銀が定める2%の物価目標を上回る物価高が続く。QUICKが事前にまとめた市場予想の中央値(3.7%)と同じだった。消費税の導入時や増税時も上回っている。

調査対象の522品目のうち、前年同月より上がったのは412、変化なしは42、下がったのは68だった。上昇した品目は10月の406から増加した。

生鮮食品を含む総合指数は3.8%上がった。91年1月(4.0%)以来、31年10カ月ぶりの上昇率だった。生鮮食品とエネルギーを除いた総合指数は2.8%上がり、消費増税の影響を除くと92年4月(2.8%)以来、30年7カ月ぶりの水準となった。

品目別に上昇率を見ると、生鮮を除く食料は6.8%、食料全体は6.9%だった。食品メーカーが相次ぎ値上げを表明した食用油は35.0%、牛乳は9.5%、弁当や冷凍品といった調理食品は6.8%伸びた。外食も5.3%と高い伸び率だった。

エネルギー関連は13.3%だった。10月の15.2%を下回ったものの、14カ月連続で2桁の伸びとなった。都市ガス代は28.9%、電気代は20.1%上がった。ガソリンは価格抑制の補助金効果もあって1.0%のマイナスと1年9カ月ぶりに下落した。

家庭用耐久財は10.7%上がった。原材料や輸送価格の高騰でルームエアコン(12.7%)などが値上がりしている。

日本経済研究センターが15日にまとめた民間エコノミスト36人の予測平均は、生鮮食品を除く消費者物価上昇率が2022年10〜12月期に前年同期比で3.61%となっている。23年1〜3月期は2.57%になり、1%台になるのは同7〜9月期(1.63%)と予想する。

主要国の生鮮食品を含む総合指数は、11月の前年同月比の伸び率で日本より高い。米国は7.1%、ユーロ圏は10.1%、英国は10.7%となっている。


 先月の消費者物価指数 前年比3.7%上昇 40年11か月ぶりの水準

家庭で消費するモノやサービスの値動きをみる、ことし11月の消費者物価指数は、天候による変動が大きい生鮮食品を
除いた指数が去年の同じ月より3.7%上昇しました。
3.7%の上昇率は1981年12月以来、40年11か月ぶりの水準となります。

総務省によりますと、ことし11月の消費者物価指数は、生鮮食品を除いた指数が、去年11月の100.1から103.8に上昇しました。
上昇率は3.7%となり、第2次オイルショックの影響が続いていた1981年12月以来、40年11か月ぶりの水準となります。
主な要因は原材料価格の上昇に加えて円安の影響が重なった食料品の相次ぐ値上げで「生鮮食品を除く食料」は
去年の同じ月より6.8%上昇しました。
具体的には
▽「食用油」は35%
▽「ポテトチップス」は18%
▽外食の「ハンバーガー」は17.9%
▽「食パン」は14.5%
▽「からあげ」は11.6%
▽国産の「豚肉」は8.5%
それぞれ上昇しました。
また
▽11月、値上げが相次いだ「牛乳」は9.5%上昇しました。
エネルギーをみると
▽「ガス代」は21%
▽「電気代」は20.1%上がった一方で、
▽「ガソリン」はマイナス1%と、1年9か月ぶりに下がりました。
このほか
▽「家具・家事用品」は7.3%
▽「シャツ・セーター・下着類」は3.1%上昇するなど
幅広い品目で価格が上がっています。
総務省は「来年2月には食料品などの値上げが相次ぎ、ことし10月と同じように価格改定の山があるとみられる。引き続き、
食料やエネルギー価格の動向を注視していきたい」と話していました。


松野官房長官「物価高対策 迅速かつ着実に実行」
松野官房長官は、閣議のあとの記者会見で「原材料価格の上昇や円安の影響により、光熱費や食料品など日常生活に
密着した品目で値上げが続いており、国民の生活を守るとともに、物価上昇に負けない賃上げを後押しする必要があると
認識している」と述べました。
そのうえで「政府としては物価高に対して累次にわたる対策を講じてきたところであり、先の総合経済対策と補正予算で
盛り込んだ施策を迅速かつ着実に実行していく」と述べました。

実質賃金はマイナス続く
ことし11月の消費者物価指数の上昇率は、1981年12月以来の水準となりましたが、賃金をめぐる状況は当時と異なっています。
総務省によりますと、1981年当時は第2次オイルショックの影響が続いていて、原油価格の高騰を要因とした光熱費の値上がりなどが
続いていました。
ただ物価が上昇しても、働く人の賃上げの水準はそれを上回っていました。
厚生労働省によりますと、1981年平均の実質賃金は、従業員30人以上の事業所を対象にした調査で前の年と比べてプラス0.6%となって
います。
一方で、ことし10月の実質賃金は、従業員5人以上の事業所が対象と、調査の方法は異なりますが、確報値で去年10月を2.9%下回り、
7か月連続でマイナスとなっています。
実質賃金のマイナスが続くと、消費マインドが冷え込み、個人消費などへの悪影響が懸念されるだけに、物価の上昇を上回る賃上げを
実現して経済の好循環につなげることができるのかが、課題となっています。

   総務省

    2020年基準 消費者物価指数 全国 2022年(令和4年)11月分(2022年12月23日公表)














第1286回 複式簿記と2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

     複式簿記と2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

 
  複式簿記は主に会社や商店などで利用されていて、その簿記のことを会社簿記、商業簿記といいます。


   家庭生活のために利用する複式簿記のことを「家庭簿記」と言います

   複式簿記には野球やサッカー、将棋や囲碁などと同じようにルールがありますが、

   家庭簿記 には次のようなルールがあります。 

  1勘定と勘定科目   

  家庭簿記では資産、負 債、正味財産、収入、消費という 5 つの勘定を設定し、

   これらを左方(ひだりかた) グループと右方(みぎかた) グループに分けます。


   また、左方(ひだりかた) グループと右方(みぎかた) グループ のそれぞれの合計金額は必ず

   一致します。


   
               勘定の左右グループ分け

左方(ひだりかた)グループ 右方(みぎかた)グループ
資産勘定

消費勘定
負債勘定

正味財産勘定

収入勘定



               勘定の左右グループ分けと勘定科目

左方(ひだりかた)グループ 右方(みぎかた)グループ
資産勘定

(勘定科目)
現金、電子マネー、カードポイント、普通預金、土地、建物、有価証券など


消費勘定


(勘定科目)
税金等、日常生活費、その他生活費、特別消費


負債勘定

(勘定科目)
住宅ローン、その他借入金、カード未払金など


正味財産勘定

(勘定科目)
家族財産、留保財産、当期消費損益


収入勘定


(勘定科目)
給料、賞与、副業収入、家族収入、特別収入など


    2 勘定が増加・減少する取引を記録する方法を仕訳といいます。

      仕訳の特徴は、1つの取引を2面的にとらえて、勘定を「左方(ひだりかた)」と

     「右方(みぎかた)」に分けて記録する点にあります。

      左方(ひだりかた)グループに属する資産勘定と消費勘定は、金額が増加した場合には

     「左方(ひだりかた)」に、減少した場合には「右方(みぎ かた)」に仕訳されます。

    右方(みぎかた)グループに属する負債勘定、正味財産勘定と収入勘定 は、金額が

    増加した場合には「右方(みぎかた)」に、減少した場合には 「左方(ひだりかた)」に仕訳されます。

     仕訳は通常各勘定に属する勘定科目によって行われます。



     例えばスーパーへ行って野菜を買い、現金300円を支払ったとします。

      この取引は、次の2つの面からとらえることができます。

      (1)野菜(食料費)が 300 円増加した

      (2)現金 300 円が減少した


     家庭簿記では、この取引を

      (1)消費勘定の食料費が・・・増加した

      (2)資産勘定の現金が・・・減少した として


      左 方(ひだりかた)   右 方(みぎかた)

     食 料 費 300円   /  現 金 300円

      と仕訳します。



    これをソフト家庭決算書では次のように入力します。

   現金の入出金があった場合は、ここで入力します。



  (1)入力





  (2)登録




‘ 付:日付のプルダウンメニューをクリックするとカレンダーが表示されます。

  カレンダーから入出金のあった日を選択すると、日付が入力されます。

入出金:その金額が現金に入ってきたもの(現金を増加させた)か、出ていっ たもの(現金を減少させた)か

  によって、「入金(増))/出金(減)」のいずれか を選択します。

(注) 電子マネーへの現金の「入金」および普通預金口座への現金の「入金」と「出 金」は、入力処理の

  「電子マネー」および「普通預金」から処理します。「現金」 から処理を行うことはできません。

F 容:購入品の内容を記録する摘要欄です。商品名、店名などを直接入力します。

  この摘要欄は空白のままでも構いません。

ち蠎蟆別棔Р別椶離廛襯瀬Ε鵐瓮縫紂爾鬟リックすると科目一覧が表示されます。該当科目を

  クリックすると科目が入力されます。

 また、「主な相手科目」に表示された36科目は、当該科目をクリックすることで相手科目欄に

 入力することができます。
 
 科目の入力を間違えたときは、正しい科目を選び直してクリックすると、正しい科目が入ります。

ザ 額:消費税込みの金額を直接入力します。

   ※消費税と本体価格を分けて管理することもできます。

   消費税と本体価格を分 けて管理する時は、本体価格を当該科目に、消費税を「税金等−その他税金」科目

   に入力します。

登 録:入力が済むと、『登録』ボタンがクリックできる状態になり、『登録』 ボタンをクリックすると、

  下の一覧表に入力内容が追加表示されます。

┘リア:入力間違えをした場合、行全部を消去する場合に使用します。









第1285回 2022年(令和4年)12月人口推計総数1億2484万人男6069万人女6415万人

人口推計(令和4年(2022年)7月確定値、令和4年(2022年)12月概算値)
 
(2022年12月20日公表)


    
     人 口 推 計 − 2022年(令和4年) 12月 報 −

        男女計      男           女

     1億2484万人    6069万人      6415万人




≪ポイント≫

   【2022年(令和4年)12月1日現在(概算値)】
    <総人口> 1億2484万人で、前年同月に比べ減少                       ▲54万人        (▲0.43%)
   【2022年(令和4年)7月1日現在(確定値)】
    <総人口> 1億2512万5千人で、前年同月に比べ減少                  ▲55万7千人      (▲0.44%)
            ・15歳未満人口は 1458万9千人で、前年同月に比べ減少             ▲26万人          (▲1.75%)    
            ・15〜64歳人口は   7428万5千人で、前年同月に比べ減少            ▲37万3千人  (▲0.50%)
            ・65歳以上人口は 3625万1千人で、前年同月に比べ増加                7万6千人    ( 0.21%)
           <日本人人口> 1億2226万3千人で、前年同月に比べ減少         ▲66万5千人      (▲0.54%)

 

総人口の推移








(2) 男女共同参画社会基本法の仕組み
男女共同参画社会基本法においては,男女共同参画社会の形成に関する基本理念として,
|暴の人権の尊重,
⊆匆颪砲ける制度又は慣行についての配慮,
政策等の立案及び決 定への共同参画,
げ板軅験茲砲ける活動と他の活動の両立,
ス餾歸協調
という5つの理念を定め,この基本理念にのっとり,国や地方公共団体は男女共同参画社会の形成の促進に 関する施策を策定・実施すること,国民は男女共同参画社会の形成に寄与するように努めることという,それぞれの責務を明らかにしている。 その上で,男女共同参画基本計画等の策定,施策の策定等に当たっての配慮,国民の理解の促進,苦情の処理等,調査研究,国際的協調のための措置,地方公共団体及び民間の団体 に対する支援など施策の基本となる事項について規定している。

政治分野における男女共同参画の推進に関する法律(平成30年法律第28号)
〔平成30年5月23日公布・施行〕
目的)

第一条 この法律は、 社会の対等な構成員である男女が公選による公職又は内閣総理大臣その他の国務大臣、 内閣官房副長官、 内閣総理大臣補佐官、副大臣、大臣政務官若しくは大臣補佐官若しくは副知事若しくは副市町村長の職(次条において「公選による公職等」という。)にある者として国又は地方公共団体における政策の立案及び決定に共同して参画する機会が確保されること(以下「政治分野における男女共同参画」という。)が、その立案及び決定において多様な国民の意見が的確に反映されるために一層重要となることに鑑み、男女共同参画社会基本法(平成十一年法律第七十八号)の基本理念にのっとり、政治分野における男女共同参画の推進について、その基本原則を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに政治分野における男女共同参画の推進に関する施策の基本となる事項を定めることにより、政治分野における男女共同参画を効果的かつ積極的に推進し、もって男女が共同して参画する民主政治の発展に寄与することを目的とする。








第1284回 家庭の本当の財産 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」

  家庭の本当の財産

正味財産

   家庭の本当の財産とは、家庭決算書では「正味財産」のことを意味しています。

   正味財産とは資産の合計から負債の合計を引いた金額です。

  入力した資産(プラスの財産)と負債(マイナスの財産)によって正味財産は計算されます。

  正味財産は家族財産・留保財産・当期消費損益から構成されています


 (1)家族財産
   
    家族財産とは、相続や贈与により家族(父母、兄弟 姉妹、祖父母ほか)から譲り受けた財産、

    および結婚によって得た財産 (持参金等)など家族から譲り受けた財産の金額を指します


 (2)留保財産

    留保財産とは、給与収入、資産の運用などによって、今までに自力で築き上げてき財産の金額を指します

 (3)当期消費損益

   当期消費損益とは、当年度の消費生活の結果としての損益(財産の増減)を示すもので、

    当年度に自力で築き上げた財産の金額を指します


  初期設定

  財産対照表の作成








  月次の家庭決算書

   財産対照表












第1283回 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」版ファミリー版


  複式簿記をベースにした家庭経営ソフト「家庭決算書」



       2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」ファミリー版


  ■主な特徴


   〇複雑化する家庭の取引を一元管理すべく、公認会計士が企業会計(複式簿記)をベースに開発した

    「家庭決算書」は、毎年継続し、初リリースから21年目を迎えました!


   〇クレジットカード、電子マネー、カードポイントが各99社(枚)まで個別管理可能……複雑化する

     キャッシュレス決済に完全対応しています。


   〇複式簿記をベースに開発されたソフトだから、消費損益(P/L)と財産(B/S)が自動集計&

    自動連動します。


   〇「家庭決算書」ソフトは90日間の「試用期間」が設定されています(試用期間中であっても

    「家庭決算書」ソフトの全機能が利用できます)。まずはご自分のPCに「家庭決算書」ソフトを

    ダウンロードして、「家庭決算書」ソフトの有用性をご確認ください。


   〇試用期間終了後も継続使用を希望される方は、あらためてVECTORの当該サイトの

    「カートに入れる」から購入手続きを行ってください。

    VECTORでの購入手続きが完了すると「シリアルナンバー」が発行されます。

    「家庭決算書」ソフトにシリアルナンバーを入力することで91日目以降の継続利用が可能になります。

    (注・購入手続きに進む前にダウンロードボタンからダウンロードを行ってください)


   〇多角的な家庭生活の分析を可能にする5つの自動集計表(「消費損益計算書(P/L)」

    「財産対照表(B/S)」「予算実績対照表」「科目月別残高」「消費損益月次推移表」)が

    搭載されています。


   〇年度の終わりには資産の時価評価を行って、当該年度の「家庭決算書」を作成できます。

  
   〇「家庭決算書」ソフトは「ファミリー版」「スタンダード版」「プライベート版」の3種類を

     ご用意しています。

    3種類の「家庭決算書」ソフトの基本機能は共通です。


   〇「ファミリー版」の特徴は、「スタンダード版」の全機能をID・PWで最大4アカウントまで

     個別管理できる点にあります。


   〇同居する親子や夫婦・パートナーと別々に家計管理を行っているご家族にとくにお薦めします。


  ■会計期間(入力可能期間)

    2023年(令和5年)1月1日〜12月31日

    入力可能期間は今年度の1年分となります。他の年度分は入力できません。


  ■2022年版を使用されている方へ

    「家庭決算書」ソフトを継続使用されている方は、前年度版の「年の終わりに」で作成した

    「来年度の財産対照表」の各科目の金額を「初期設定(初期・財産対照表)」の各科目に入力してください。


  ■無料試用期間:90日


  (開発者/依田宣夫・公認会計士)



   サポートについて

    お問い合わせは、以下の連絡先までお願いいたします。

    【WEBhttp//www.kateikeiei.com

    【電話】03-3422-1218

    【メール】soft@kateikessan.co.jp







    
       ダウンロード
    

 動作環境

ソフト名: 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」ファミリー版
動作OS: Windows 11/10/8/7/Vista/XP/2000/NT
機種: IBM-PC x64
種類: 製品:試用可 :2,200円
作者: (有)家計会計協会 

       無料試用90日(機能制限なし)

    
       
 購  入




    お支払手続き完了後ライセンスキーをお送りします

     価格 2,000円(税抜)

     一か月あたり 約166円




                                            







(1)  月次の家庭決算書

   月次の財産対照表





月次の消費損益計算書





(2)  年次の家庭決算書

     年次の財産対照表

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テーブル

自動的に生成された説明





年次の消費損益計算書

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明




                                   







第1282回 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」版プライベート版


 複式簿記をベースにした家庭経営ソフト「家庭決算書」

 



            
2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」プライベート版



  ■主な特徴


   〇複雑化する家庭の取引を一元管理すべく、公認会計士が企業会計(複式簿記)をベースに開発した

    「家庭決算書」は、毎年継続し、初リリースから21年目を迎えました!


   〇「家庭決算書」ソフトは「プライベート版」「スタンダード版」「ファミリー版」の3種類をご用意しています。

    3種類の「家庭決算書」ソフトの基本機能は共通です。


   〇「プライベート版」は、現金、預貯金、電子マネー以外の資産を持たない若い世代の利用を想定して、

    あまり使われることがない不動産や有価証券など一部の資産科目のデフォルト表示を省略しています。


   〇小遣いをもらい始めた小中学生、アルバイトを始めた高校生、一人暮らしを始めた大学生、独立した家計を

     営み始めた新社会人など、これから自分の家計を育てていく若い世代にとくにお薦めします。


   〇クレジットカード、電子マネー、カードポイントが各99社(枚)まで個別管理可能……

     複雑化するキャッシュレス決済に完全対応しています。


   〇複式簿記をベースに開発されたソフトだから、消費損益(P/L)と財産(B/S)が自動集計&自動連動します。


   〇「家庭決算書」ソフトは90日間の「試用期間」が設定されています(試用期間中であっても

    「家庭決算書」ソフトの全機能が利用できます)。

    まずはご自分のPCに「家庭決算書」ソフトをダウンロードして、「家庭決算書」ソフトの

    有用性をご確認ください。


   〇試用期間終了後も継続使用を希望される方は、あらためてVECTORの当該サイトの「カートに入れる」から

    購入手続きを行ってください。VECTORでの購入手続きが完了すると「シリアルナンバー」が発行されます。

    「家庭決算書」ソフトにシリアルナンバーを入力することで91日目以降の継続利用が可能になります。

    (注・購入手続きに進む前にダウンロードボタンからダウンロードを行ってください)


   〇多角的な家庭生活の分析を可能にする5つの自動集計表(「消費損益計算書(P/L)」「財産対照表(B/S)」

    「予算実績対照表」「科目月別残高」「消費損益月次推移表」)が搭載されています。




  ■会計期間(入力可能期間)

    2023年(令和5年)1月1日〜12月31日

    入力可能期間は今年度の1年分となります。他の年度分は入力できません。


  ■無料試用期間:90日


  (開発者/依田宣夫・公認会計士)


  ■サポートについて

  お問い合わせは、以下の連絡先までお願いいたします。

   【WEB】http//www.kateikeiei.com

   【電話】03-3422-1218

   【メール】soft@kateikessan.co.jp





    
     
 ダウンロード

動作環境

ソフト名: 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」プライベート版
動作OS: Windows 11/10/8/7/Vista/XP/2000/NT
機種: IBM-PC x64
種類: 製品:試用可 :1,100円
作者: (有)家計会計協会 
無料試用90日(機能制限なし)
    
      
  購  入




  お支払手続き完了後ライセンスキーをお送りします 

    価格 1,000円(税抜)

    一か月あたり 約83円













                           
(1)  月次の家庭決算書

   月次の財産対照表






月次の消費損益計算書





(2)  年次の家庭決算書

     年次の財産対照表





年次の消費損益計算書

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明





 

 


  (ご参考)

  (問)

    ダウンロード版を購入しましたが、シリアルナンバーを忘れてしまいました。

    再発行は、出来るのでしょうか。 

  (解答)

    代金のお支払い及びライセンスキーの管理は、すべてベクター社にお願い

    してありますので、直接ベクター社のほうへ問い合わせをしていただきたい

    と思います。

 

     ベクター社の再発行のサービスは、以下のようになっております。

 

      ベクター社のホームページのトップを開き、

     (1)ご利用案内の利用者の方へをクリックし、

     (2)PCショップをクリックし、

     (3)Q&Aお問い合わせをクリックし、

     (4)ライセンスキー到着後(ライセンスキーが正しく認識されない)を

      クリックしてください。

 

      また、URLは、次のようになっています。

 

      http://shop.vector.co.jp/service/man/faq.html#Q022


 









第1281回 2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」スタンダード版

   複式簿記をベースにした家庭経営ソフト「家庭決算書」


  2023年版家庭経営ソフト「家庭決算書」スタンダード版

   ■主な特徴

   〇複雑化する家庭の取引を一元管理すべく、公認会計士が企業会計(複式簿記)をベースに

    開発した「家庭決算書」は、毎年継続し、初リリースから21年目を迎えました!


   〇クレジットカード、電子マネー、カードポイントが各99社(枚)まで個別管理可能・・・

    複雑化するキャッシュレス決済に完全対応しています。


   〇複式簿記をベースに開発されたソフトだから、消費損益(P/L)と財産(B/S)が

    自動集計&自動連動します。


   〇「家庭決算書」ソフトは90日間の「試用期間」が設定されています(試用期間中であっても

    「家庭決算書」ソフトの全機能が利用できます)。

    まずはご自分のPCに「家庭決算書」ソフトをダウンロードして、「家庭決算書」ソフトの

    有用性をご確認ください。


   〇試用期間終了後も継続使用を希望される方は、あらためてVECTORの当該サイトの

     「カートに入れる」から購入手続きを行ってください。

    VECTORでの購入手続きが完了すると「シリアルナンバー」が発行されます。

    「家庭決算書」ソフトにシリアルナンバーを入力することで91日目以降の

    継続利用が可能になります。

     (注・購入手続きに進む前にダウンロードボタンからダウンロードを行ってください)


   〇多角的な家庭生活の分析を可能にする5つの自動集計表(「消費損益計算書(P/L)」

     「財産対照表(B/S)」「予算実績対照表」

    「科目月別残高」「消費損益月次推移表」)が搭載されています。


   〇年度の終わりには資産の時価評価を行って、当該年度の「家庭決算書」を作成できます。


   〇「家庭決算書」ソフトは「スタンダード版」「ファミリー版」「プライベート版」の

    3種類をご用意しています。

    3種類の「家庭決算書」ソフトの基本機能は共通です。


   〇「スタンダード版」は、親世帯から家計の独立を果たした独身世代から子供が独立していった

    老壮年世代まで、幅広い世代の家計管理にご利用いただける、いわば「家庭決算書」ソフトの

    “標準版”です。


   〇マイホームを検討・購入していて教育費もまだまだかかる子育て世代にとくにお薦めします!



  ■会計期間(入力可能期間)

    2023年(令和5年)1月1日〜12月31日

    入力可能期間は今年度の1年分となります。他の年度分は入力できません。



  ■2022年版を使用されている方へ


    「家庭決算書」ソフトを継続使用されている方は、前年度版の「年の終わりに」で作成した

    「来年度の財産対照表」の各科目の金額を「初期設定(初期・財産対照表)」の各科目に

    入力してください。


  ■無料試用期間:90日


   (開発者/依田宣夫・公認会計士)


   サポートについて

   お問い合わせは、以下の連絡先までお願いいたします。

    【WEB】http//www.kateikeiei.com

    【電話】03-3422-1218

    【メール】soft@kateikessan.co.jp





   
 ダウンロード


動作環境

ソフト名: 2023年家庭経営ソフト「家庭決算書」スタンダード
動作OS: Windows 11/10/8/7/Vista/XP/2000/NT
機種: IBM-PC x64
種類: 製品:試用可 :1,650円
作者: (有)家計会計協会 

 無料試用90日(機能制限なし)


      購  入



お支払手続き完了後ライセンスキーをお送りします
 
     価格 1,500円(税抜)

      一か月あたり 125円





(1)  月次の家庭決算書

   月次の財産対照表






月次の消費損益計算書





(2)  年次の家庭決算書

     年次の財産対照表

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テーブル

自動的に生成された説明





年次の消費損益計算書

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明