新試験範囲に対応    

依田宣夫の

日商簿記3級検定試験

100%合格目標講座

   「日商簿記3級100%合格目標講座」概要」

   「試験問題を解く前に・・複式簿記の仕組み」

       「 仕訳問題演習 」 

     「帳簿に関する仕訳問題

     「試算表作成のための仕訳問題」  

              「伝票に関する仕訳問題

     「精算表作成のための仕訳問題」      

                                            

合格へのステップ       

 「簿記の仕組み」を理解する

(事実→仕訳→報告書) 

「仕訳」を早く正確にできるようにする

「計算」を早く正確にできるようにする

        

簿記3級!仕訳ができれば恐くない   

            

    

  HOP!STEP!JUMP!仕訳法

   

     HOME 

     トップ

  購入とインストール方法

                                    

                                          

  Home  会社概要  家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

  コ ラ ム    トピックス   本の紹介 商簿記3級

スマフォ簿記3級

                                           家計会計協会  

  

                  日商簿記3級検定試験100%合格目標講座

   

                         「仕訳問題演習」

             この問題は、主として第1問対策の仕訳の問題です。

          

 

                       「仕訳問題演習」

 

  仕訳の基本

ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法

                                                  良く出る仕訳の基礎問題

       良く出る仕訳の基礎問題

  (1) 出張旅費

 (2) 仕入と買掛金

 (3) 売上と売掛金

 良く出る仕訳の基礎問題解答   

        (1) 出張旅費

        (2) 仕入と買掛金

        (3) 売上と売掛金

                                           仕訳試験問題演習 

   仕訳試験」問題演習 

  (1回)(2回)(3回)(4回)(5回)

  (6回) (7回)(8回) (9回)(10回)

  (11回)(12回)(13回)(14回)

  

         仕訳試験問題演習解答 

   (1回)(2回)(3回)(4回)(5回)

   (6回) (7回)(8回) (9回)(10回)

   (11回)(12回)(13回)(14回)

                           

         仕訳予想問題

    仕訳予想問題解答 

              (参考)   仕訳の問題形式

               

                        良く出る仕訳の基礎問題  

 

   (1) 出張旅費

       出張旅費 (概算払い) → 出張中の取引 → 出張旅費の精算     

  1、従業員の出張にあたり、旅費の概算額30,000円を現金で渡した。 

  2、 出張中の従業員から80,000 円が当座預金に振り込まれた旨の通知が

      取引銀行からあったが、その内容は不明のため仮勘定で処理をした。その後、

      振り込まれた内容は、売掛金の回収額60,000円と新しい注文の手付金 20,000円

         であることが分かった。

  3、  出張中の従業員が帰店し、旅費交通費の精算を行い、現金で残額5,000円

        の返済を受けた。 なお、従業員の出張にあたり、旅費の概算額30,000円は

        現金で渡してあった。  

       (2) 仕入と買掛金

   1、  商品200,000円を注文し、内金として10%(20,000円)を現金で支払った。

   2、  小切手振出による商品仕入れ 10,000円

              3、    掛けによる商品仕入れ 75,000円

      4、  約束手形の振出による商品仕入れ 190,000円

             5、   商品60,000円を仕入れ、35,000円は小切手を振り出して支払い、残金は掛けとした。

      6、 商品130,000円を仕入れ、代金は手形を振出して支払った

      7、手形(当店を受取人とする手形)の裏書譲渡による商品仕入れ 100,000円

      8、 買掛金71,000円の決済のため小切手を振出して支払った

   9、 商品230,000円を仕入れ、代金のうち20,000円については、現金で支払い、

問2       残額については、手形を振り出 して支払った。

      10、商品100,000円を仕入れ、代金のうち50,000円は約束手形(当店を受取人

         とする手形)の裏書譲渡による支払いをし、残額については掛けとした。

  11、買掛金350,000円の決済のため小切手を振出して支払った.。なお、

         当座預金残高は、100,000円であったが、取引銀行と当座借越契約(

         借越限度額500,000円)を結んでいる。

     12、商品を250,000円で仕入れ、代金のうち150,000円は、受け取っていた約束

        手形を裏書譲渡し、残金は掛けとした。

     なお、引取運賃1,000円については、現金で支払った。

  (3) 売上と売掛金

      1、当座預金への振込みによる商品売上高 45,000円

     2、掛けによる商品売上高 110,000円

     3、手形(当店を受取人とする手形)の受領による商品売上高 250,000円

     4、商品35,000円を売り上げ、手付金5,000円と相殺し、残額は掛けとした。

       なお、発送費1,000円については、現金で支払った。

         5、商品50,000円を売り上げ、代金として当店発行の商品券30,000円分を

          引き取り、差額は現金で受け取った。

        6、青木商店へ商品350,000円を売り上げ、代金の内5,000円は手付金と相殺し、

          300,000円については、手形を裏書譲渡され 残額につては掛けとした。

          なお、青木商店負担の発送費6,000円については、現金で立替払をした。   

        7、売り上げた商品の一部が返品され、この分の代金8,000円が売掛金と相殺された。 

        8、売掛金25,000円を小切手で回収し、直ちに当座預金に入金した。

        9、売掛金100,000円を手形で回収して、この手形を銀行で割り引き、

          手取り金98,000円を当座預金とした。

       10、売掛金5,000円の貸し倒れが生じ貸倒引当金の取崩で処理した

       11、得意先が倒産し、売掛金50,000円の貸し倒れが生じた。なお、貸倒引当金の

          残高は20,000円である。