依田宣夫の

日商簿記3級検定試験

100%合格目標講座

 

   「日商簿記3級100%合格目標講座」概要」

   「試験問題を解く前に・・複式簿記の仕組み」

        「 仕訳問題演習 」

     「帳簿に関する仕訳問題

     「試算表作成のための仕訳問題」  

              「伝票に関する仕訳問題

     「精算表作成のための仕訳問題」     

                         合格へのステップ                        

 「簿記の仕組み」を理解する

(事実→仕訳→報告書) 

 「仕訳」を早く正確にできるようにする 

↓    

  「計算」を早く正確にできるようにする     

    

簿記3級!仕訳ができれば恐くない   

           

    

  HOP!STEP!JUMP!仕訳法

   

     HOME 

     トップ

  購入とインストール方法

                                               

                       

  Home  会社概要  家庭決算

ソフト「家庭決算書」TOP

  コ ラ ム    トピックス   本の紹介 商簿記3級

スマフォ簿記3級

                                                        計会計協会             

     

                    日商簿記3級検定試験100%合格目標講座

                     「精算表作成のための仕訳問題」

                             

               「 第5ステップ 決算整理仕訳練習問題の解答(その1) 」  

                 この問題は、主として第5問対策の決算整理仕訳の問題です。

           

 

                 第1  ステップ 精算表作成問題のアドバイス
 第2 ステップ イメージ仕訳の基本練習       第2 ステップ イメージ仕訳の解答

                       未処理仕訳練習問題

 第3ステップ 未処理の仕訳練習問題(その1)

 第3ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その1)

 第4ステップ 未処理の仕訳練習問題(その2)

  第4ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その2)

                       決算整理仕訳の練習問題

 第5ステップ決算整理仕訳練習問題(その1)

  第5ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その1

    第6ステップ 決算整理仕訳練習問題(その2)

  第6ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その2)

 第7ステップ 決算整理仕訳練習問題(その3)

 第7ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その3)

                         試験用練習問題  

 第8 ステップ 試験用練習問題(1)

 第8ステップ 試験用練習問題(1)の解答

 第9ステップ 試験用練習問(2)

   第9ステップ 試験用練習問題(2)の解答

第10ステップ試験用練習問題(3)

 第10ステップ試験用練習問題(3)の解答

第11ステップ 試験用練習問題(4) 

 第11ステップ 試験用練習問題(4)の解答 

第12ステップ試験用練習問題(5)

 第12ステップ試験用練習問題(5)の解答

                        (参考)   出題形式 

 

           「 第5ステップ 決算整理仕訳練習問題の解答(その1) 」

 

           

                    決算整理事項・・・決算日現在の勘定科目の残高を正しい金額にするための修正を

                                            することを 決算整理といい、決算整理が必要な事柄を決算整理事項と

                                            いいます。

          「7」つの決算整理事項と練習問題

       1、仕入と売上原価   2、貸倒引当金の繰入    3、減価償却費の計上

       4、費用・収益の繰延  5、費用・収益の見越     6、消耗品の計上

   1、仕入と売上原価

      (1) 当期の仕入高が200,000円、期首繰越商品の金額が30,000円、

         期末商品棚卸高 50,000円とする。

         売上原価を「仕入」で計算する場合の決算整理仕訳と売上原価を計算しなさい。

        解答 

        期首繰越商品の仕入勘定への振替

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         仕  入  30,000

       繰越商品  30,000      

 

        期末商品棚卸高の仕入勘定への振替 

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        繰越商品  50,000 

       仕  入   50,000     

 

        売上原価の計算

               仕入高+期首繰越商品−期末商品棚卸高=売上原価

               200,000円+30,000円−50,000円=180,000円

 

         (2)期末商品棚卸高 200,000円。 なお、売上原価は「仕入」で計算する。

          また、 期首繰越商品の金額は150,000円。

        期首繰越商品の仕入勘定への振替

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         仕  入  150,000

       繰越商品  150,000      

 

        期末商品棚卸高の仕入勘定への振替 

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        繰越商品  200,000 

       仕  入   200,000     

 

                              精 算 表

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

現金預金

  ×××

 

 

 

 

 

  ×××

 

  ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 売掛金

  ×× 

 

 

 

 

 

  ×× 

 

繰越商品

  150,000

 

 200,000

 150,000

 

 

 200,000

 

 備品

 ×××

 

 

 

 

 

 ××× 

 

  ・・・

 

  

 

 

 

 

 

   

 仕 入

 3,000,000

 

 150,000

 200,000

 2,950,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      (3) 期末商品棚卸高 180,000円。期首繰越商品の金額は210,000円。

          なお、売上原価は「仕入」で計算する。                            

             解答    

      期首繰越商品

                   左側(借方)

         右側(貸方)

       仕  入   210,000  

        繰越商品  210,000     

  

       期末商品棚卸高 

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        繰越商品  180,000 

       仕  入   180,000     

      

                               精 算 表

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

現金預金

  ×××

 

 

 

 

 

  ×××

 

  ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 売掛金

  ×× 

 

 

 

 

 

  ×× 

 

繰越商品

  180,000

 

 210,000

 180,000

 

 

 210,000

 

 備品

 ×××

 

 

 

 

 

 ××× 

 

  ・・・

 

  

 

 

 

 

 

   

 仕 入

 3,000,000

 

 180,000

 210,000

 2,970,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

   2、貸倒引当金の繰入

   (1) 受取手形および売掛金の期末残高に対して、2%の貸倒を見積り、計上する事とした。

         期末残高は受取手形500,000円、売掛金180,000円、貸倒引当金6,000円である。

         貸倒引当金の設定は差額補充法により行う。 

         貸倒引当金見積金額 

         (受取手形500,000円+売掛金180,000円)×2% =13,600円

        貸倒引当金繰入額  13,600円−6,000円=7,600円

      解答 (差額補充法)

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金繰入  7,600

      貸倒引当金    7,600     

                                                     精 算 表

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

現金預金

  ×××

 

 

 

 

 

  ×××

 

  ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ×× 

 

 

 

 

 

  ×× 

 

貸倒引当金

    

    6,000

 

   7,600

 

 

 

   13,600

 

 ×××

 ×××

 

 

 

 

  

 

  

 

  

 

 

 

 

 

   

貸倒引当金繰入

 

    7,600

 

    7,600

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       (2)   受取手形および売掛金の期末残高に対して、3%の貸倒を見積り、計上する事とした。

         試算表の期末残高は受取手形500,000円、売掛金180,000円、貸倒引当金8,000円

         である。

         また、試算表の仮受金50,000円は、全額売掛金の回収であるが、この処理が未処理である。

         貸倒引当金の設定は差額補充法により行う。 

         貸倒引当金見積金額 

         (受取手形500,000円+売掛金180,000円ー50,000円)×3% =18,900円             

     貸倒引当金繰入 18,900円 ー 8,000円=10,900円

    解答 (差額補充法)

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金繰入  10,900円

      貸倒引当金    10,900円     

                                                  

(2)      (3) 試算表の期末残高は受取手形600,000円、売掛金280,000円、貸倒引当金8,400円

           である。

          また、得意先より売掛金100,000円が当座預金に振り込まれていたが、この処理が

          未処理である。

         受取手形および売掛金の期末残高に対して、3%の貸倒を見積り、計上する事とした。

         貸倒引当金の設定は差額補充法により行う。 

         貸倒引当金見積金額 

         (受取手形600,000円+売掛金280,000円ー100,000円)×3% =23,400円             

     貸倒引当金繰入 23,400円 ー 8,400円=15,000円

    解答 (差額補充法)

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金繰入  15,000円

      貸倒引当金    15,000円     

         

        (4) 試算表の期末残高は受取手形500,000円、売掛金280,000円、貸倒引当金8,500円

           である。

          また、得意先より受け取っていた受取手形200,000円を、同額の買掛金の支払いの

          ために仕入先に裏書譲渡していたが、この処理が未処理である。

         受取手形および売掛金の期末残高に対して、2%の貸倒を見積り、計上する事とした。

         貸倒引当金の設定は差額補充法により行う。 

         貸倒引当金見積金額 

         (受取手形500,000円ー200,000円+売掛金280,000円)×2% =11,600円             

     貸倒引当金繰入 11,600円 ー 8,500円=3,100円

    解答 (差額補充法)

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金繰入  3,100円

      貸倒引当金    3,100円     

                                                  

            (5) 試算表の期末残高は受取手形700,000円、売掛金300,000円、貸倒引当金8,000円

         である。

         また、得意先より受け取っていた受取手形200,000円を取引銀行で割り引き、割引料

         10,000円を差し引かれ、残額を当座預金に預け入れたが、この処理が未処理である。

         受取手形および売掛金の期末残高に対して、2%の貸倒を見積り、計上する事とした。

         貸倒引当金の設定は差額補充法により行う。

        (注)受取手形の処理                      

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        当座預金  190,000円

      受取手形    190,000円     

   

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        手形売却損  10,000円

      受取手形    10,000円     

        受取手形の期末残高 700,000円ー200,000円=500,000円

     貸倒引当金見積金額 

         (受取手形700,000円ー200,000円+売掛金300,000円)×2% =16,000円             

     貸倒引当金繰入 16,000円 ー 8,000円=8,000円

    解答 (差額補充法)

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金繰入  8,000円

      貸倒引当金    8,000円     

                                                     

             (6)AB商店に対する売掛金60,000円が、回収不能となった。

          ただし、貸倒引当金勘定の残高は80,000円である。   

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金  60,000円

         売掛金   60,000円     

       (注)当期の売掛金が当期に貸し倒れになった場合には、貸倒損失で処理する。

      当期に発生したT商店に対する売掛金30,000円が貸し倒れになった。

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒損失  30,000円

          売掛金   30,000円     

 

        (7) XY商店に対する売掛金50,000円が、回収不能となった。

            ただし、貸倒引当金勘定の残高は20,000円である。

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金  20,000

         売掛金   20,000     

      

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒損失  30,000

          売掛金   30,000     

 

        (8) 前期に貸倒れとして処理した売掛金30,000円のうち10,000円を

           現金で回収した。

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         現 金  10,000

      債権償却取立益    10,000     

 

       (9) 受取手形および売掛金の期末残高に対して、洗替法により2%の

             貸倒引当金を設定する。

           期末残高は受取手形300,000円、売掛金150,000円、貸倒引当金6,000円である。 

      解答  (洗替法)                                

         貸倒引当金見積金額 (受取手形300,000円+売掛金150,000円)×2% =9,000円

                         

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金  6,000

      貸倒引当金戻入    6,000     

 

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        貸倒引当金繰入  9,000

      貸倒引当金    9,000     

 

                                                        精 算 表

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

現金預金

  ×××

 

 

 

 

 

  ×××

 

  ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ×× 

 

 

 

 

 

  ×× 

 

貸倒引当金

    

    6,000

  6,000

    9,000 

 

 

    

   9,000

 

 ×××

 ×××

 

 

 

 

  

 

 貸倒引当金戻入 

 

  

   

    6,000

 

   6,000

 

   

貸倒引当金繰入

 

    9,000

 

    9,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   3、減価償却費の計上

        (1)備品および建物についてそれぞれ定額法により減価償却をし、これを間接法で処理をする。

          備品・ 帳簿価額:1,000,000円 耐用年数:10年 残存価額:取得原価の10% 

           備品減価償却累計額540,000円  

          建物・ 帳簿価額:5,000,000円 耐用年数:25年 残存価額:取得原価の10%

          建物減価償却累計額1,152,000円

      (1)備 品   

     減価償却費 (1,000,000円−1,000,000×10%)÷10年=90,000円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        減価償却費   90,000

    備品減価償却累計額 90,000    

 

     (2)建 物

      減価償却費 (5,000,000円−5,000,000×10%)÷25年=180,000円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        減価償却費    180,000

     建物減価償却累計額 180,000     

                                            精 算 表

勘定科目

  残高試算表

   修正記入

  損益計算書

  貸借対照表

 

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

 借 方

 貸 方

現金預金

  ×××

 

 

 

 

 

  ×××

 

  ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 売掛金

  ×× 

 

 

 

 

 

  ×× 

 

 建物

  5,000,000

 

 

 

 

 

 5,000,000

 

 備品

 1,000,000

 

 

 

 

 

 1,000,000

 

  ・・・

 

  

 

 

 

 

 

   

建物減価償却累計額

 

 1,152,000

 

 180,000

 

 

 

 1,332,000

備品減価償却累計額

 

  540,000

 

   90,000

 

 

 

   630,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

 

 

  270,000

 

  270,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   (2)備品および建物について、それぞれ定額法により減価償却をし、これを間接法で処理する

          こととした。会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。

      備品・ 取得原価:1,000,000円 耐用年数:10年 残存価額:取得原価の10% 

           備品は、当期の7月1日に購入したものである。

      建物・ 帳簿価額:5,000,000円 耐用年数:30年 残存価額:取得原価の10%

          建物減価償却累計額1,350,000円

     (1)備 品

       減価償却費 (1,000,000円−100,000)÷10年×6÷12=45,000円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        減価償却費   45,000

    備品減価償却累計額 45,000    

 

     (2)建 物  

      減価償却費 (5,000,000円−5,000,000×10%)÷30年=150,000円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        減価償却費    150,000

     建物減価償却累計額 150,000     

  

   4、費用・収益の繰延

         (1) 損害保険料1年分24,000円を10月1日に支払った。決算につき、保険料の

       前払い分を繰り延べる。

       会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。

                              24,000円×9÷12=18,000円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         前払保険料  18,000

        支払保険料  18,000    

            (2) 家賃一年分960,000円を、5月1日に支払った。 

              会計期間は、1月1日から12月31日です。 

             前払家賃は、960,000×4÷12=320,000円 になります。 (翌年1〜4月分)                  

             解答      

                   左側(借方)

         右側(貸方)

       前払家賃  320,000

       支払家賃  320,000     

  

     (3) 支払保険料2,400円は、6月1日に保険に加入し、向こう1年分を一括して

       支払ったものである。次期の費用として計上すべき保険料を繰り延べる処理をする。

           会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。                  

       解答

            2,400円×5÷12=1,000円

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         前払保険料  1,000

        支払保険料  1,000    

          

        (4) 損害保険料1年分を5月1日に支払った。残高試算表の残高は96,000円である。

           決算につき、保険料の前払い分を繰り延べる。

       会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。

                       残高試算表の残高96,000円には、前期から繰り延べられた4か月分と

          5月に支払った12か月分の合計16か月分になります。

                              96,000円×4÷(12+4)=24,000円

      解答

              

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         前払保険料  24,000

        支払保険料  24,000    

                             

         (5) 家賃は毎年半年分を2月1日と8月1日に受け取っている。

           残高試算表の受取家賃の残高は78,000円である。

           決算につき、家賃の前受分を繰り延べる。

       会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。

                       残高試算表の残高78,000円には、前期から繰り延べられた1か月分と

          2月と8月に受け取った12か月分の合計13か月分になります。

                              78,000円×1÷(12+1)=6,000円

      解答          

                   左側(借方)

         右側(貸方)

          受取家賃  6,000円

        前受家賃  6,000円    

       

   5、費用・収益の見越

           (1)給料の未払分が50,000円ある。

       解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

          給 料  50,000

      未払給料    50,000      

 

     (2)7月1日に年利3%、期間1年の条件で2,000,000円を借り入れ、利息は

      返済日に元金とともに一括で支払うこととなっている。決算に際して、支払利息

      の未払分を見越し計上する。会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。

           2,000,000円×3%×6÷12=30,000円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        支払利息  30,000

       未払利息  30,000      

 

  (3) 貸付金500,000円は、10月1日に、年利率3%、貸付期間12ヶ月の条件で

     貸し付けたものである。決算にあたり利息の未収分を計上する。 

         会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。

          500,000円×3%×3÷12=3,750円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

         未収利息 3,750

      受取利息 3,750     

  

   (4) 支払利息について、当期に計上すべき金額は5,000円であった。すでに、

       期中において支払った金額3,500円との差額を見越し計上する。

       解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

          支払利息  1,500

      未払利息    1,500      

      

       (5) 5月1日に年利3%、期間1年の条件で1,000,000円を借り入れ、

       利息は返済日に元金とともに一括で支払うこととなっている。決算に際して、

       支払利息の未払分を見越し計上する。

           会計期間は、1月1日から12月31日までの1年間である。

           1,000,000円×3%×8÷12=20,000円

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        支払利息  20,000

       未払利息  20,000      

 

  6、消耗品の計上

     購入時に消耗品費(費用)で処理していた場合

                 (1)決算日現在、未消費の消耗品が3,000円あるので、これを資産に計上する。

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        消耗品   3,000

       消耗品費  3,000      

        (2) 決算日現在、消耗品の未使用高は5,000円ある。

      解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        消耗品   5,000

       消耗品費  5,000                    

 

    購入時に消耗品(資産)処理していた場合

      (1) 決算日現在、消耗品50,000円のうち、未使用高は5,000円ある。 

                   解答

                   左側(借方)

         右側(貸方)

        消耗品費   45,000

       消耗品  45,000                    

    

 

 

 

                 第1  ステップ 精算表作成問題のアドバイス
 第2 ステップ イメージ仕訳の基本練習       第2 ステップ イメージ仕訳の解答

                       未処理仕訳練習問題

 第3ステップ 未処理の仕訳練習問題(その1)

 第3ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その1)

 第4ステップ 未処理の仕訳練習問題(その2)

  第4ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その2)

                       決算整理仕訳の練習問題

 第5ステップ決算整理仕訳練習問題(その1)

  第5ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その1

    第6ステップ 決算整理仕訳練習問題(その2)

  第6ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その2)

 第7ステップ 決算整理仕訳練習問題(その3)

 第7ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その3)

                         試験用練習問題  

 第8 ステップ 試験用練習問題(1)

 第8ステップ 試験用練習問題(1)の解答

 第9ステップ 試験用練習問(2)

   第9ステップ 試験用練習問題(2)の解答

第10ステップ試験用練習問題(3)

 第10ステップ試験用練習問題(3)の解答

第11ステップ 試験用練習問題(4) 

 第11ステップ 試験用練習問題(4)の解答 

第12ステップ試験用練習問題(5)

 第12ステップ試験用練習問題(5)の解答

                        (参考)   出題形式 

   

   * 実践練習のすすめ 

       複式簿記の考え方で作られた「家庭決算書」を使って、実際に複式簿記を

       体験してみてください。

       自分で使うことによって、複式簿記の理解が容易になります。

       一ヶ月間は、無料で利用できます。

                      家庭決算