新試験範囲に対応  

依田宣夫の

簿記実務検定第3級試験

100%合格目標無料講座

「簿記実務検定第3級試験100%合格目標講座」概要」

    「試験問題を解く前に

       1 .「個人と会社の報告書の違い」
      2.  「複式簿記の仕組み」と「仕訳」
       3   取引と仕訳の基本
      4  「ホップ・ステップ・ジャンプ仕訳法
   2 問題演習
       (1)  「仕訳試験問題演習」
       (2)  「伝票の基本と問題演習」
            帳簿の基本と問題演習」 
       (3)  「試算表の基本と問題演習」 
            「精算表と財務諸表の基本と問題演習」



   実務検定簿記第3級試験対策練習問題 (参考)  実務検定簿記第2級試験練習問題
        第1問対策練習問題        簿記実務検定2級練習問題第1問

       第2問対策練習問題

       簿記実務検定2級練習問題第2問

       第3問対策練習問題

       簿記実務検定2級練習問題第4問

        第4問対策練習問題

       第5問対策練習問題     





 合格へのステップ

 
「簿記の仕組み」を理解する

(事実 → 仕訳 →報告書)

 


「仕訳」を速く正確にできるようにする


 


「計算」を速く正確にできるようにする



簿記実務検定第3級試験

  受験資格  特に制限はありません

   申込場所と申込方法

 (1)高校生

   原則として在籍校で、受験票により申し込みます。

 (2)一般 

 指定された最寄りの試験場校で、受験申込書 (写真貼付)により申し込みます。

 問い合わせ先
   公益財団法人全国商業高等学校協会

  165−0015 東京都新宿区大京町26
   TEL   03−3357−7911(代表)
    FAX  03−3341−1039


 第90回実務検定簿記第3級試験 
第1問  予想問題
第2問   予想問題

第3問   予想問題

第4問   予想問題
第5問   予想問題

試験問題と解答が公表されました



 (参考)実務検定簿記第2級試験

試験問題と解答が公表されました



    

 Top   Home 会社概要 家庭決算書 ソフト家庭決算書 コ ラ ム  トピックス 本・雑誌の紹介 簿記3級 スマフォ簿記3級 ブログ

               令和3年度銘 和修  家計会計協会  

                      

   全国商業高等学校協会主催・文部科学省後援

        簿記実務検定3級試験練習問題

  実務検定3級練習問題1    

  実務検定3級練習問題1解答  

   実務検定3級練習問題2

  実務検定3級練習問題2解答

   実務検定3級練習問題3

   実務検定3級練習問題3解答 

   実務検定3級練習問題4

  実務検定3級練習問題4解答

   実務検定3級練習問題5

  実務検定3級練習問題5解答

 

  簿記実務検定3級試験練習問題4解答

  

   問題A 

  問1 期首の資産総額が3,250,000円であり、期末の資産総額は5,130,000円
      負債総額は4,620,000円であった。
    なお、この期間中の収益総額は7,500,000円で当期純利益が1,250,000円で

    ある時、費用総額は(       )円で、期首の負債総額は(       )円である。

      解答の手順

  問題文に書かれている金額を、期首貸借対照表、期末貸借対照表、
  損益計算書に左右のグループごとに記入して、解答する。

    期首貸借対照表     

  左側グループ

  右側グループ

資産総額 3,250,000円

 

負債総額1,990,000円

資本金    1,260,000円

 合計    3,250,000円

 合計     3,250,000円

 期末貸借対照表

   左側グループ 右側グループ

 

資産総額  5,130,000円

 

 負債総額  4,620,000円

 資本金     1,260,000円

当期純利益 1,250,000円

  合計       5,130,000円

    合計        5,130,000円

   損益計算書

  左側グループ

  右側グループ

 

費用総額 6,250,000円

当期純利益1,250,000円

 

収益総額 7,500,000円

   合計 7,500,000円

   合計   7,500,000円

 問2 次の資料から 費用総額と期末の負債総額の金額を計算しなさい
    資料
 1 収益総額   2,580,000円
 2 当期純利益  250,000円
 3 期首の資産総額 3,200,000円
 4 期首の負債総額  1,620,000円
 5 期末の資産総額  4,130,000円


            解答

  期首貸借対照表 

   左側グループ

  右側グループ

資産総額 3,200,000円

 

負債総額  1,620,000円

資本金     1,580,000円

 合計    3,200,000円

 合計     3,250,000円

   期末貸借対照表

    左側グループ

 右側グループ

 

資産総額 4,130,000円

 

 負債総額 2,300,000円

 資本金   1,580,000円

当期純利益  250,000円

  合計   4,130,000円

    合計   4,130,000円


  損益計算書

  左側グループ

  右側グループ

 

費用総額 2,330,000円

当期純利益 250,000円

 

収益総額 2,580,000円

   合計 2,580,000円

   合計 2,580,000円

 

    問題B
       問1 A商店は移動平均法を採用して商品有高帳に記入している。

        (1)商品有高帳の(ア)に入る金額を求めなさい
       (2)売上原価を計算しなさい。

  
  取 引
          

    6月1日  前月繰越 100個 @200円

    6月3日  仕  入 200個 @215円

 6月10日  売  上 200個 @300円

 6月25日  仕  入 100個 @220円

   移動平均法

              商品有高帳

平成29年

摘要

   受 入

    払 出  

    残 高

数量

単価

金額

数量

 単価

 金額

 数量

単価

金額

6

1

前月繰越

100

200

20,000

 

 

 

100

200

20,000

 

3

A商店

200

215

43,000

 

 

 

300

210

63,000

 

10

B商店

 

 

 

200

210

42,000

100

210

21,000

 

25

A商店

100

220

22,000

 

 

 

200

215

43,000

 

30

次月繰越

 

 

 

200

215

43,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

6月10日 売上高  200×300円=60,000円

    売上原価 200個×210円=42,000円

    売上総利益          18,000円

 問2 A商店は移動平均法を採用して商品有高帳に記入している。

  次の勘定記録と商品有高帳の(ア)〜(ウ)に入る金額を求めなさい。
  X品の1個あたりの販売単価は300円で、Y品の1個あたりの
  販売単価は500円である。

    売  上       

 

 6/10 売掛金  115,000

                

 

                        

                                    

  

      仕  入        

6/3    買掛金  43,000

 

6/25   買掛金  33,000

 

                        

                                    

 

       移動平均法

             商品有高帳

            品名  X 品

平成29年

摘要

   受 入

    払 出  

    残 高

数量

単価

金額

数量

 単価

 金額

 数量

単価

金額

6

1

前月繰越

100

200

20,000

 

 

 

100

200

20,000

 

10

B商店

 

 

 

50

200

10,000

50

200

10,000

 

25

C商店

150

220

33,000

 

 

 

200

215

43,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

                          商品有高帳

              品名  Y 品

平成29年

摘要

   受 入

    払 出  

    残 高

数量

単価

金額

数量

 単価

 金額

 数量

単価

金額

6

1

前月繰越

100

200

20,000

 

 

 

100

200

20,000

 

3

A商店

200

215

43,000

 

 

 

300

210

63,000

 

10

B商店

 

 

 

200

210

42,000

100

210

21,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕訳
 取 引   
     

  6月3日  仕 入 200個  @215円   43,000円

    6月10日  売 上   50個   @300円  15,000円

        売 上 200個  @500円 100,000円

   6月25日  仕 入 150個  @220円  33,000円


 (解答)

  合計残高試算表

 借   方

 

         貸   方

  残   高

  合   計

  勘定科目

  合   計

   残   高

   23700

    55000

  現  金 

    31300

 

   69800

   150000

  受取手形

    80200

 

  720000

  1380000

   売掛金

   660000

 

  360000

   360000

  繰越商品

 

 

   80000 

    85000

   仮払金 

     5000

 

 

   250000 

  支払手形

   470000

    220000

 

   680000

   買掛金

    980000

    300000

 

    60000

   仮受金 

   60000

         0 

 

 

   資本金

   500000

    500000

 

 

   売  上

  1950000

   1950000

  1715000

  1715000 

   仕   入

 

 

      1300

      1300

   発送費

 

 

       200

       200

  手形売却損

 

 

   2970000

   4736500

    合 計

   4736500

   2970000

 

     

  

                 第1  ステップ 精算表作成問題のアドバイス
 第2 ステップ イメージ仕訳の基本練習       第2 ステップ イメージ仕訳の解答

                       未処理仕訳練習問題

 第3ステップ 未処理の仕訳練習問題(その1)

 第3ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その1)

 第4ステップ 未処理の仕訳練習問題(その2)

  第4ステップ未処理の仕訳練習問題の解答(その2)

                       決算整理仕訳の練習問題

 第5ステップ決算整理仕訳練習問題(その1)

  第5ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その1

    第6ステップ 決算整理仕訳練習問題(その2)

  第6ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その2)

 第7ステップ 決算整理仕訳練習問題(その3)

 第7ステップ決算整理仕訳練習問題の解答(その3)

精算表試験用練習問題

 第8 ステップ 試験用練習問題(1)

 第8ステップ 試験用練習問題(1)の解答

 第9ステップ 試験用練習問(2)

   第9ステップ 試験用練習問題(2)の解答

第10ステップ試験用練習問題(3)

 第10ステップ試験用練習問題(3)の解答

貸借対照表・損益計算書試験用練習問題
第11ステップ 試験用練習問題(1) 

 第11ステップ 試験用練習問題(1)の解答 

第12ステップ試験用練習問題(2)

 第12ステップ試験用練習問題(2)の解答

                        (参考)   出題形式