依田宣夫の一言コラム

   

 第891回から第900回  





「家庭経営とは」   家庭決算書とは   「家庭簿記入門」





 Top   Home 会社概要 家庭決算書 ソフト家庭決算書 コ ラ ム  トピックス 本・雑誌の紹介 家庭簿記 簿記3級 スマフォ簿記3級 ブログ
令和3年度銘 和修                                  家計会計協会
 
  一言コラム一 
第901回から第910回
第891回から第900回
第881回から第890回
第871回から第880回
第861回から第870回
第851回から第860回
第841回から第850回
第831回から第840回
第821回から第830回
第811回から第820回
第801回から第810回 
第791回から第800回
第781回から第790回
第771回から第780回
第761回から第770回
第751回から第760回
第741回から第750回
第731回から第740回
第721回から第730回
第711回から第720回
第701回から第710回
第691回から第700回
第681回から第690回
第671回から第680回
第661回から第670回
第651回から第660回
第641回から第650回
第631回から第640回
第621回から第630回
第611回から第620回
第611回から第620回
第601回から第610回
第591回〜600回

第581回〜第590回

第571回〜第580回

第561回〜570回

第551回〜560回

 第541回550回

 第531回〜540回

第521回〜530回

第511回〜520回

第501回〜510回

第491回〜第500回

第481回〜第490回

第471回〜第480回

第461回〜第470回

第451回〜460回

第441回〜第450回

第431回〜第440回

第421回〜430回

第411回第420回

第401回〜410回

第391回〜400回

第381回〜第390回

第371回〜第380回

第361回〜第370回

第351回から第360回

第341回から第350回

第331回から第340回

第321回〜第330回

第311回から第320回

第301回から第310回

第291回〜第300  

第281回から第290回

第271回から第280回

第261回から第270回

第251回から第260回

第241回〜第250回
第231回から第240回
第221回から第230回

第211回から第220回

第201回から第210回
第191回〜第200回

第181回から第190回

第171回から第180回

第161回から第170回

第151回から第160回

第141回〜第150回

第131回から第140回

第121回から第130回

第111回から第120回

第91回から100回

第81回から第90回

第71回から第80回
第61回から第70回
第51回から第60回
第41回から第50回 
第31回から第40回
第21回から第30回
第11回から第20回

第1回から第10回

 






 

      

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  特集コラム1 1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

   特集コラム2  1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

 

                   
              
 第891回から第900回

第900回

令和3年度一般会計新型コロナウイルス感染症対策予備費使用実績

第899回

各政党における男女共同参画の取組状況と課題(令和3年5月)

第898回

2021年5月1日現在総人口1億2536万人 男性 6096万人 女性 6440万人

第897回

家計調査報告(貯蓄・負債編)−2020年(令和2年)平均結果−(二人以上の世帯)

第896回

国庫歳入歳出状況 (2)歳出(令和2年度 令和3年2月分)

第895回

令和3年度 各府省の概算要求

第894回

2021年(令和3年)3月分・就業者数・完全失業者数
第893回 令和3年衆議院歳出予算各目明細書
第892回 令 和 3 年 度 衆 議 院 予 算 議 員 歳 費

第891回

令和2年度中 国際収支状況(速報)の概要





第900回 令和3年度一般会計新型コロナウイルス感染症対策予備費使用実績


      令和3年度予算のポイント





























第899回 各政党における男女共同参画の取組状況と課題令和3年5月


    各政党における男女共同参画の取組状況と課題

     令和3年5月 内閣府男女共同参画局

        2021年5月1日現在 (概算値) (令和3年)
   

総人口

男性 

女性

12536万人 

6096万人

6440万人



     (平成29年10月27日現在) 

 男 性  女 性   合 計
有権者数 5127万人 5482万人  1億609万人  


衆議院は2021年4月27日、参議院は2021年5月9日現在(衆議院及び参議院HPより)。





















第898回 2021年5月1日現在総人口1億2536万人 男性 6096万人 女性 6440万人


人口推計

人口推計(令和2年(2020年)12月平成27年国勢調査を基準とする推計値,令和3年(2021年)5月概算値) 
(2021年5月20日公表)


        2021年5月1日現在 (概算値) (令和3年)
   

総人口

男性 

女性

12536万人 

6096万人

6440万人


男女共同参画局
内閣府


男女共同参画社会基本法

・全文 (及び附帯決議)

(目的)
第一条 この法律は、男女の人権が尊重され、かつ、社会経済情勢の変化に対応できる豊かで活力ある社会を実現することの緊要性にかんがみ、男女共同参画社会の形成に関し、基本理念を定め、並びに国、地方公共団体及び国民の責務を明らかにするとともに、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の基本となる事項を定めることにより、男女共同参画社会の形成を総合的かつ計画的に推進することを目的とする。


政治分野における男女共同参画の推進に関する法律

・全文 [PDF:147KB

目的
(第1条)
政治分野における男女共同参画を効果的かつ積極的に推進し、もって男女
が共同して参画する民主政治の発展に寄与する。



≪ポイント≫

   【令和3年5月1日現在(概算値)】
    <総人口> 1億2536万人で,前年同月に比べ減少                       ▲53万人        (▲0.42%)
   【令和2年12月1日現在(平成27年国勢調査を基準とする推計値*)】
    <総人口> 1億2565万1千人で,前年同月に比べ減少                  ▲49万3千人     (▲0.39%)
            ・15歳未満人口は 1499万5千人で,前年同月に比べ減少             ▲18万人          (▲1.18%)
            ・15〜64歳人口は   7443万8千人で,前年同月に比べ減少            ▲60万7千人     (▲0.81%)
            ・65歳以上人口は 3621万8千人で,前年同月に比べ増加                29万4千人     ( 0.82%)
         <日本人人口> 1億2315万5千人で,前年同月に比べ減少               ▲49万人          (▲0.40%)

   *:令和2年(2020年)国勢調査の人口等基本集計公表後に確定人口及び同人口を基準とした値に更新する予定である。

総人口の推移





















第897回  家計調査報告(貯蓄・負債編)−2020年(令和2年)平均結果−(二人以上の世帯)


家計調査報告(貯蓄・負債編)

−2020年(令和2年)平均結果−(二人以上の世帯)

































第896回  国庫歳入歳出状況 (2)歳出(令和2年度 令和3年2月分)

    

    国庫歳入歳出状況 (2)歳出(令和2年度 令和3年2月分)(財務省)



(2)歳出
単位 千円(千円未満切捨)
支出済歳出 支出
歩合
(%)
歳出予算現額 歳出予算残額
本月 前月までの累計
皇室 14,136,436 192,323 3,189,964 3,382,287 10,754,148 23.9
134,141,903 7,885,252 94,434,337 102,319,589 31,822,313 76.2
裁判 331,960,372 22,527,768 245,278,982 267,806,751 64,153,620 80.6
会計検査院 16,705,081 940,677 11,763,319 12,703,996 4,001,084 76.0
182,714,635 17,191,724 66,239,931 83,431,656 99,282,978 45.6
内閣 7,776,292,372 51,661,934 3,096,975,220 3,148,637,155 4,627,655,217 40.4
総務 33,258,646,138 442,716,975 31,351,890,386 31,794,607,362 1,464,038,775 95.5
法務 896,795,928 56,579,829 598,306,868 654,886,698 241,909,230 73.0
外務 1,020,011,347 22,692,254 597,749,985 620,442,239 399,569,107 60.8
財務 36,386,367,421 104,559,558 19,678,490,206 19,783,049,764 16,603,317,657 54.3
文部科学省 8,242,475,548 255,223,197 4,998,747,292 5,253,970,490 2,988,505,058 63.7
厚生労働省 45,302,998,933 3,795,494,284 31,110,991,875 34,906,486,160 10,396,512,773 77.0
農林水産省 4,650,285,727 261,627,772 1,692,823,238 1,954,451,010 2,695,834,716 42.0
経済産業省 23,793,230,262 829,754,437 12,055,182,604 12,884,937,041 10,908,293,220 54.1
国土交通省 13,644,471,452 274,476,307 2,778,927,322 3,053,403,629 10,591,067,822 22.3
環境 674,010,346 9,290,196 158,448,937 167,739,133 506,271,213 24.8
防衛 5,940,588,133 353,698,922 3,697,505,555 4,051,204,478 1,889,383,655 68.1
182,265,832,041 6,506,513,417 112,236,946,028 118,743,459,446 63,522,372,594 65.1


    
  国庫歳入歳出状況 2.特別会計(令和2年度 令和3年2月分)


2 特別会計
単位 千円(千円未満切捨)
歳入予算額
又は
歳出予算現額
収納済歳入額又は支出済歳出額 歳入予算額と収
納済歳入額との
(△は
歳出予算残額
収入歩合又は支出歩合(%)
会計
本月 前月までの累計
交付税及び譲与税配付金
歳入 51,761,792,072 3,564,079,027 35,074,346,009 38,638,425,037 △ 13,123,367,034 74.6
歳出 51,383,891,224 608,604,165 49,209,817,191 49,818,421,357 1,565,469,866 96.9
地震再保険
歳入 123,898,817 5,559,465 95,306,081 100,865,546 △ 23,033,270 81.4
歳出 123,898,817 372,638 3,319,714 3,692,353 120,206,463 2.9
国債整理基金
歳入 191,859,577,916 4,522,227,018 171,347,212,103 175,869,439,121 △ 15,990,138,794 91.6
歳出 194,926,144,232 5,199,192,257 153,119,983,929 158,319,176,186 36,606,968,045 81.2
外国為替資金
歳入 3,154,356,550 146,938,824 496,104,958 643,043,782 △ 2,511,312,767 20.3
歳出 982,088,175 19,930,575 131,239,622 151,170,197 830,917,977 15.3
財政投融資
財政融資資金勘定
歳入 52,921,028,653 1,863,598,040 42,090,180,352 43,953,778,392 △ 8,967,250,260 83.0
歳出 52,907,755,226 1,851,513,258 42,227,888,362 44,079,401,620 8,828,353,605 83.3
投資勘定
歳入 927,413,455 191,917 1,041,420,254 1,041,612,171 114,198,716 112.3
歳出 900,513,455 20,006,124 404,174,645 424,180,770 476,332,684 47.1
特定国有財産整備勘定
歳入 64,003,295 224 44,529,717 44,529,942 △ 19,473,352 69.5
歳出 16,274,947 39,462 8,596,197 8,635,660 7,639,287 53.0
エネルギー対策
エネルギー需給勘定
歳入 2,329,215,158 17,241,193 1,094,687,478 1,111,928,671 △ 1,217,286,486 47.7
歳出 2,434,060,866 41,436,500 1,785,854,077 1,827,290,577 606,770,289 75.0
電源開発促進勘定
歳入 336,485,501 21,342,601 178,139,549 199,482,150 △ 137,003,350 59.2
歳出 347,780,672 10,942,762 138,497,671 149,440,433 198,340,238 42.9
原子力損害賠償支援勘定
歳入 11,762,001,975 549,995,429 7,092,646,858 7,642,642,288 △ 4,119,359,686 64.9
歳出 11,762,001,975 517,298,000 6,887,231,000 7,404,529,000 4,357,472,975 62.9
労働保険
労災勘定
歳入 1,234,663,642 127,205,450 934,503,295 1,061,708,745 △ 172,954,896 85.9
歳出 1,099,315,362 112,506,686 843,809,797 956,316,484 142,998,878 86.9
雇用勘定
歳入 6,606,334,430 650,126,441 4,814,453,314 5,464,579,755 △ 1,141,754,674 82.7
歳出 6,707,549,679 426,624,390 4,746,285,466 5,172,909,856 1,534,639,823 77.1
徴収勘定
歳入 2,754,186,398 445,735,206 2,222,127,567 2,667,862,773 △ 86,323,624 96.8
歳出 2,754,186,398 367,966,194 1,887,152,754 2,255,118,949 499,067,448 81.8
年金
基礎年金勘定
歳入 26,456,541,617 4,422,364,141 21,938,339,547 26,360,703,688 △ 95,837,928 99.6
歳出 26,456,541,617 3,515,102,696 20,371,401,567 23,886,504,263 2,570,037,353 90.2
国民年金勘定
歳入 3,744,039,754 431,968,858 3,038,284,377 3,470,253,235 △ 273,786,518 92.6
歳出 3,744,039,754 584,241,563 3,058,139,171 3,642,380,735 101,659,018 97.2
厚生年金勘定
歳入 48,889,924,495 6,653,100,917 36,019,719,594 42,672,820,511 △ 6,217,103,983 87.2
歳出 48,889,924,495 8,156,203,550 39,513,331,681 47,669,535,232 1,220,389,262 97.5
健康勘定
歳入 12,516,574,606 1,170,131,051 7,722,669,078 8,892,800,129 △ 3,623,774,476 71.0
歳出 12,516,574,606 1,206,744,616 9,042,999,694 10,249,744,311 2,266,830,294 81.8
ども・子育支援勘定
歳入 3,263,605,577 81,847,028 3,141,474,471 3,223,321,500 △ 40,284,076 98.7
歳出 3,267,462,720 50,083,822 2,229,866,263 2,279,950,085 987,512,635 69.7
業務勘定
歳入 422,040,112 11,272,250 396,456,671 407,728,922 △ 14,311,189 96.6
歳出 422,040,338 12,640,722 343,897,743 356,538,466 65,501,871 84.4
食料安定供給
農業経営安定勘定
歳入 281,012,292 8,335,619 269,074,615 277,410,235 △ 3,602,056 98.7
歳出 281,012,292 2,035,445 168,162,086 170,197,531 110,814,760 60.5
食糧管理勘定
歳入 851,725,212 43,227,098 362,213,316 405,440,414 △ 446,284,797 47.6
歳出 863,448,513 28,689,549 415,156,591 443,846,141 419,602,371 51.4
農業再保険勘定
歳入 83,981,312 2,798,240 52,317,331 55,115,572 △ 28,865,739 65.6
歳出 81,422,708 3,193,874 44,918,476 48,112,350 33,310,357 59.0
漁船再保険勘定
歳入 8,637,443 309,000 7,169,232 7,478,232 △ 1,159,210 86.5
歳出 7,593,868 322,105 3,814,260 4,136,366 3,457,501 54.4
漁業共済保険勘定
歳入 12,428,194 503,755 11,271,958 11,775,713 △ 652,480 94.7
歳出 10,395,324 508,034 8,186,450 8,694,485 1,700,838 83.6
業務勘定
歳入 15,239,249 54,011 6,429,702 6,483,714 △ 8,755,534 42.5
歳出 15,239,249 682,161 6,406,818 7,088,979 8,150,269 46.5
国営土地改良事業勘定
歳入 19,996,859 458,506 9,326,549 9,785,055 △ 10,211,803 48.9
歳出 25,555,197 363,312 6,251,950 6,615,263 18,939,933 25.8
国有林野事業債務管理
歳入 363,367,980 95,965,188 267,387,158 363,352,346 △ 15,633 99.9
歳出 363,367,980 95,965,188 267,387,158 363,352,346 15,633 99.9
特許
歳入 216,240,416 11,389,994 180,264,067 191,654,061 △ 24,586,354 88.6
歳出 164,960,492 8,484,225 99,266,370 107,750,595 57,209,896 65.3
自動車安全
保障勘定
歳入 63,080,486 151,900 63,051,843 63,203,743 123,257 100.1
歳出 2,509,271 45,173 1,101,803 1,146,976 1,362,294 45.7
自動車検査登録勘定
歳入 58,336,949 3,093,025 46,953,587 50,046,613 △ 8,290,335 85.7
歳出 39,292,202 1,434,063 20,834,764 22,268,827 17,023,374 56.6
自動車事故対策勘定
歳入 15,189,778 1,067 14,510,792 14,511,859 △ 677,918 95.5
歳出 16,436,478 395,705 12,166,452 12,562,157 3,874,320 76.4
空港整備勘定
歳入 458,880,438 8,326,579 407,410,448 415,737,028 △ 43,143,409 90.5
歳出 515,254,478 12,071,232 227,880,852 239,952,084 275,302,393 46.5
日本大震災復興
歳入 1,687,479,449 171,694,045 1,751,687,534 1,923,381,580 235,902,131 113.9
歳出 2,500,132,182 90,820,902 895,471,313 986,292,215 1,513,839,967 39.4











第895回  令和3年度 各府省の概算要求


令和3年度 各府省の概算要求



1.一般会計
2.特別会計
皇室費 外務省 交付税及び譲与税配付金 年金
国会 財務省 地震再保険 食料安定供給
裁判所 文部科学省 国債整理基金 国有林野事業債務管理
会計検査院 厚生労働省 外国為替資金 特許
内閣 農林水産省 財政投融資 自動車安全
内閣府 経済産業省 エネルギー対策 東日本大震災復興
デジタル庁 国土交通省 労働保険
総務省 環境省
法務省 防衛省




各府省の概算要求書、要望一覧及び政策評価調書公開ページへのリンク先一覧

       

(1)一般会計

概算要求書 <要望一覧>
皇室費 新しいウィンドウで開きます
国会 新しいウィンドウで開きます
衆議院 新しいウィンドウで開きます
参議院 新しいウィンドウで開きます
国立国会図書館 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
裁判官訴追委員会 新しいウィンドウで開きます
裁判官弾劾裁判所 新しいウィンドウで開きます
裁判所 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
会計検査院 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
内閣 新しいウィンドウで開きます
内閣官房 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
内閣法制局 新しいウィンドウで開きます
人事院 (PDF:438KB)PDF (PDF:44KB)PDF
内閣府 新しいウィンドウで開きます
内閣本府 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
宮内庁 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
公正取引委員会 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
警察庁 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
個人情報保護委員会 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
カジノ管理委員会 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
金融庁 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
消費者庁 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
総務省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
法務省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
外務省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
財務省 (PDF:362KB)PDF (PDF:1.0MB)PDF (PDF:49KB)PDF
文部科学省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
厚生労働省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
農林水産省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
経済産業省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
国土交通省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
環境省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
防衛省 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます


(2)特別会計

概算要求書
交付税及び譲与税配付金 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
地震再保険 (PDF:87KB)PDF (PDF:62KB)PDF
国債整理基金 (PDF:21KB)PDF (PDF:28KB)PDF
外国為替資金 (PDF:12KB)PDF (PDF:91KB)PDF
財政投融資
財政融資資金勘定 (PDF:12KB)PDF (PDF:100KB)PDF
投資勘定 (PDF:15KB)PDF (PDF:68KB)PDF
特定国有財産整備勘定

(PDF:10KB)PDF

(PDF:17KB)PDF
エネルギー対策
エネルギー需給勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
電源開発促進勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
原子力損害賠償支援勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
労働保険
労災勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
雇用勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
徴収勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
年金
基礎年金勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
国民年金勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
厚生年金勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
健康勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
子ども・子育て支援勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
業務勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
食料安定供給
農業経営安定勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
食糧管理勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
農業再保険勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
漁船再保険勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
漁業共済保険勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
業務勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
国営土地改良事業勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
国有林野事業債務管理 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
特許 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
自動車安全
保障勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
自動車検査登録勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
自動車事故対策勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
空港整備勘定 新しいウィンドウで開きます 新しいウィンドウで開きます
東日本大震災復興 (PDF:13KB)PDF (PDF:270KB)PDF







第894回 2021年(令和3年)3月分・就業者数・完全失業者数

労働力調査(基本集計) 2021年(令和3年)3月分結果

2021年4月30日公表

  年平均 月次(季節調整値)
2018年 2019年 2020年 2020年12月 2021年1月 2月 3月
完全失業率 2.4% 2.4% 2.8% 3.0% 2.9% 2.9% 2.6%

<<ポイント>>

 (1) 就業者数
   就業者数は6649万人。前年同月に比べ51万人の減少。12か月連続の減少
 (2) 完全失業者数
   完全失業者数は188万人。前年同月に比べ12万人の増加。14か月連続の増加
 (3) 完全失業率
   完全失業率(季節調整値)は2.6%。前月に比べ0.3ポイント低下



















第893回 令和3年衆議院歳出予算各目明細書


令和3年度国会所管一般会計歳出予算各目明細書

第204 回国会(常会) 提出


目次

衆議院1
参議院10
国立国会図書館17
裁判官訴追委員会23
裁判官弾劾裁判所25

























第892回 令 和 3 年 度 衆 議 院 予 算 議 員 歳 費



令 和 3 年 度 衆 議 院 予 算 概 算 要 求

令 和 2 年 9 月


  要 求 総 額       2年度予算額(当初)   3年度要求額    増△減    伸率(%)
 
 (組織) 衆 議 院     66,673百万円      69,606百万円   2,933百万円  4.40



 
 議 員 歳 費
 
  月額
  
  議長2,170,000円
  
  副議長1,584,000円
  
  議員1,294,000円
  
  (4月 議長1,736,000円 副議長1,267,200円 議員1,035,200円)

   期末手当 3.40月




議 員 歳 費

衆議院及び参議院の議長、副議長及び議員の歳費、期末手当

◎国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律 第1条・ 11条の2


昭和二十二年法律第八十号

国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律
第一条 各議院の議長は二百十七万円を、副議長は百五十八万四千円を、議員は百二十九万四千円を、それぞれ歳費月額として受ける。

第十一条の二 各議院の議長、副議長及び議員で六月一日及び十二月一日(以下この条においてこれらの日を「基準日」という。)に在職する者は、それぞれの期間につき期末手当を受ける。これらの基準日前一月以内に、辞職し、退職し、除名され、又は死亡したこれらの者(当該これらの基準日においてこの項前段の規定の適用を受ける者を除く。)についても、同様とする。
 期末手当の額は、それぞれ前項の基準日現在(同項後段に規定する者にあつては、辞職、退職、除名又は死亡の日現在)において同項に規定する者が受けるべき歳費月額及びその歳費月額に百分の四十五を超えない範囲内で両議院の議長が協議して定める割合を乗じて得た額の合計額に、特別職の職員の給与に関する法律(昭和二十四年法律第二百五十二号)第一条第一号から第四十三号までに掲げる者の例により一定の割合を乗じて得た額とする。この場合において、任期満限の日又は衆議院の解散による任期終了の日に在職した各議院の議長、副議長及び議員で当該任期満限又は衆議院の解散による選挙により再び各議院の議員となつたものの受ける当該期末手当に係る在職期間の計算については、これらの者は引き続き国会議員の職にあつたものとする。
 第十一条の四の規定により期末手当を受けた各議院の議長、副議長及び議員が第一項の規定による期末手当を受けることとなるときは、これらの者の受ける同項の規定による期末手当の額は、前項の規定による期末手当の額から同条の規定により受けた期末手当の額を差し引いた額とする。ただし、同条の規定により受けた期末手当の額が前項の規定による期末手当の額以上である場合には、第一項の規定による期末手当は支給しない。

















第891回 令和2年度中 国際収支状況(速報)の概要

      2020年度国際収支速報
      
財務省 令和3年5月13日

      経常収支は、18兆2038億円の黒字  前年度比3.8%減


令和2年度中 国際収支状況(速報)の概要

経常収支

前年度比
貿易・サービス収支 1,716億円 +1兆4,049億円 (黒字転化)
  貿易収支 3兆9,047億円 +3兆4,207億円 (黒字幅拡大)
  輸出 68兆3,225億円 ▲6兆4,254億円 (▲8.6%減少)
輸入 64兆4,179億円 ▲9兆8,461億円 (▲13.3%減少)
サービス収支 ▲3兆7,330億円 ▲2兆158億円 (赤字幅拡大)
第一次所得収支 20兆7,797億円 ▲8,612億円 (黒字幅縮小)
第二次所得収支 ▲2兆7,476億円 ▲1兆2,672億円 (赤字幅拡大)
経常収支 18兆2,038億円 ▲7,235億円 (黒字幅縮小)







「経常収支」は、「サービス収支」が赤字幅を拡大したこと等から、黒字幅を縮小した。

1.貿易・サービス収支:1,716億円の黒字(前年度比+1兆4,049億円黒字転化)

「貿易収支」が黒字幅を拡大したことから、「貿易・サービス収支」は、黒字に転化した。

(1) 貿易収支:3兆9,047億円の黒字(前年度比+3兆4,207億円黒字幅拡大)

輸入額の減少が輸出額の減少を上回ったことから、「貿易収支」は黒字幅を拡大した。

  1. 出:68兆3,225億円(前年度比▲6兆4,254億円[▲8.6%]減少)

  2. 入:64兆4,179億円(前年度比▲9兆8,461億円[▲13.3%]減少)

[参考1]令和2年度分貿易統計(通関ベース:財務省関税局4月28日付公表)

(1) 輸出:69兆4,874億円(確報値:前年度比▲6兆3,913億円[▲8.4%]減少、数量:同▲9.4%減少、価格:同+1.1%増加)

  1. 「商品別」では、自動車(同▲2兆2,329億円[▲19.0%]、数量:同▲20.9%)、鉱物性燃料(同▲7,354億円[▲54.5%])、自動車の部分品(同▲5,718億円[▲16.2%]、数量:同▲18.1%)等が減少。

  2. 「主要地域別」では、対北米(同▲2兆6,553億円 [▲16.7%])等が減少。

(2) 輸入:68兆1,861億円(9桁速報値:前年度比▲8兆9,737億円[▲11.6%]減少、数量:同▲3.3%減少、価格:同▲8.6%減少)

  1. 「商品別」では、原粗油(同▲3兆9,239億円[▲49.2%]、数量:同▲18.3%)、液化天然ガス(同▲9,475億円[▲23.1%]、数量:同▲0.2%)、石炭(同▲7,355億円[▲31.1%]、数量:同▲7.4%)等が減少。

  2. 「主要地域別」では、対中東(同▲3兆7,861億円[▲42.9%])等が減少。

[参考2]原油価格(石油連盟の資料により財務省で算出)

  1. ドルベース:43.36米ドル/バレル(前年度比▲36.0%)

  2. 円ベース:28,866円/キロリットル(前年度比▲37.8%)

(2) サービス収支:▲3兆7,330億円の赤字(前年度比▲2兆158億円赤字幅拡大)

「旅行収支」が黒字幅を縮小したことから、「サービス収支」は赤字幅を拡大した。

[参考3] 訪日外国人旅行者数(2年度):242,223人(前年度比▲99.1%)

出国日本人数(2年度):306,338人(前年度比▲98.3%)

(出典:日本政府観光局(JNTO)の資料により財務省で算出)

2.第一次所得収支:20兆7,797億円の黒字(前年度比▲8,612億円黒字幅縮小)

「証券投資収益」が黒字幅を縮小したこと等から、「第一次所得収支」は黒字幅を縮小した。

経常収支の推移

金融収支

  2年 前年
直接投資 10兆7,476億円 19兆1,570億円
証券投資 ▲15兆6,635億円 22兆3,655億円
  株式・投資ファンド持分 ▲6兆8,241億円 8兆917億円
中長期債 12兆30億円 11兆7,341億円
短期債 ▲20兆8,425億円 2兆5,396億円
金融派生商品   2兆7,528億円 ▲2,730億円
その他投資 16兆1,835億円 ▲22兆5,279億円
外貨準備 1兆2,805億円 2兆772億円
金融収支 15兆3,009億円 20兆7,987億円





「その他投資」において純資産が増加したこと等から、「金融収支」は純資産が15兆3,009億円増加した。

1.金融収支・資産(居住者による投資)

(1) 対外直接投資:19兆7,121億円の資産増

本邦企業による海外企業の買収等がみられ、資産増(実行超)となった。

(2) 対外株式・投資ファンド持分投資:▲9兆1,941億円の資産減

信託銀行(信託勘定)が売り越しとなったこと等から、資産減(処分超)となった。

(3) 対外中長期債投資:12兆9,554億円の資産増

信託銀行(信託勘定)が買い越しとなったこと等から、資産増(取得超)となった。

2.金融収支・負債(非居住者からの投資)

(1) 対内直接投資:8兆9,645億円の負債増

本邦企業による海外関連会社からの借入等がみられ、負債増(実行超)となった。

(2) 対内株式・投資ファンド持分投資:▲2兆3,700億円の負債減

情報・通信業等の業種において売り越しとなったことから、負債減(処分超)となった。

(3) 対内中長期債投資:9,523億円の負債増

その他債券が買い越しとなったこと等から、負債増(取得超)となった。

[参考4]ドル・円相場(インターバンク直物相場・東京市場中心値の期中平均レート)

106.09円/米ドル(前年度:108.65円/米ドル、前年度比2.4%の円高)

ユーロ・円相場(インターバンク直物相場・東京市場17:00現在レートの期中平均レート)

123.74円/ユーロ(前年度:120.80円/ユーロ、前年度比2.4%の円安)










 

   
初リリースから19年めの「ソフト家庭決算書」

 「2021年版」 ダウンロード&販売開始


スタンダード版 プライベート版 ファミリー版
  1,500円   1,500円   2,000円
                   (税抜価格)

        90日間試用無料                   


      「家庭決算書」の特徴

  ・家庭経営に役立ちます。

・財産対照表と消費損益計算書から成り立っています。

・家計簿と違い、一生、継続していきます。

・1年間の家庭生活の成果を計算できます。

・自分たちだけのオリジナルな会計情報です。

・家庭簿記(家庭用複式簿記)を使って作られています。