依田宣夫の一言コラム

   

 第941回から第950回  





「家庭経営とは」   家庭決算書とは   「家庭簿記入門」





 Top   Home 会社概要 家庭決算書 ソフト家庭決算書 コ ラ ム  トピックス 本・雑誌の紹介 家庭簿記 簿記3級 スマフォ簿記3級 ブログ
令和3年度銘 和修                                  家計会計協会
 
  一言コラム一 
第951回から第960回
第941回から第950回
第931回から第940回
第921回から第930回
第911回から第920回
第901回から第910回
第891回から第900回
第881回から第890回
第871回から第880回
第861回から第870回
第851回から第860回
第841回から第850回
第831回から第840回
第821回から第830回
第811回から第820回
第801回から第810回 
第791回から第800回
第781回から第790回
第771回から第780回
第761回から第770回
第751回から第760回
第741回から第750回
第731回から第740回
第721回から第730回
第711回から第720回
第701回から第710回
第691回から第700回
第681回から第690回
第671回から第680回
第661回から第670回
第651回から第660回
第641回から第650回
第631回から第640回
第621回から第630回
第611回から第620回
第611回から第620回
第601回から第610回
第591回〜600回

第581回〜第590回

第571回〜第580回

第561回〜570回

第551回〜560回

 第541回550回

 第531回〜540回

第521回〜530回

第511回〜520回

第501回〜510回

第491回〜第500回

第481回〜第490回

第471回〜第480回

第461回〜第470回

第451回〜460回

第441回〜第450回

第431回〜第440回

第421回〜430回

第411回第420回

第401回〜410回

第391回〜400回

第381回〜第390回

第371回〜第380回

第361回〜第370回

第351回から第360回

第341回から第350回

第331回から第340回

第321回〜第330回

第311回から第320回

第301回から第310回

第291回〜第300  

第281回から第290回

第271回から第280回

第261回から第270回

第251回から第260回

第241回〜第250回
第231回から第240回
第221回から第230回

第211回から第220回

第201回から第210回
第191回〜第200回

第181回から第190回

第171回から第180回

第161回から第170回

第151回から第160回

第141回〜第150回

第131回から第140回

第121回から第130回

第111回から第120回

第91回から100回

第81回から第90回

第71回から第80回
第61回から第70回
第51回から第60回
第41回から第50回 
第31回から第40回
第21回から第30回
第11回から第20回

第1回から第10回

 






 

      

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  特集コラム1 1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

   特集コラム2  1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

 

       
第941回から第950回

第950回

家庭生活

第949回

日本銀行の株価

第948回

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

第947回

国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(令和3年6月末現在)

第946回

造幣局

第945回

ネットショッピングと電子マネーの利用状況

第944回

家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年) 6月分
第943回 家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年) 家計の概要
第942回 男女共同参画社会の実現に向けたこれまでの取組

第941回

2015年基準 消費者物価指数 東京都区部 2021年(令和3年)7月分(中旬速報値)




第950回 家庭生活

家庭生活

人間の家庭生活は、人類の発生とともに存在し、家庭を取り巻く自然的・政治的・経済的・文化的諸条件を反映し、家族を形成し、家庭という生活共同体を単位として歴史的な生活体系を築いてきました。

現在、私たちが家庭生活をしている地球は、太陽を中心とする太陽系に属するひとつの惑星であり、約46億年前に誕生し、その10億年後に生物が誕生し、さらに約50万年前に人間が、はじめて出現したといわれています。また、この地球は、水、空気そして土地に恵まれ、人間、動物、植物等あらゆる生物が共同生活をしてきました。

日本においては、約37000年前のホモ・サピエンス(後期旧石器時代人)の日本列島到来とともに旧石器時代が始まり、約11000年前の縄文時代早期から水田稲作が始まる約3000年前までの間に各地の環境の違いに適応した多様な生活様式や社会、精神文化が形成され本格的な定住生活が始まったといわれています。

人間の家庭生活は、社会に組み込まれ、社会との関係、構造を知ったうえで、時間とともに変化し、歴史、伝統、文化や民族など様々な面が相互に関連した複雑で総合的な営みであり、今この生活から,よりよい未来の生活へと向かって、社会の在り方を検討し、持続可能な暮らしを実現するため、多様性のある社会の中で努力し続ける人間の姿そのものです。それは、人間が生きてきたプロセスであり、生き続けていくプロセスであり、人間の歴史そのものだといえます。


「家庭生活」とは、家庭生活の主体である人間(家庭生活者)が、生まれた時代(社会)、場所(地域)、社会階層や家族形態など、現実の社会で、充実した人間らしい生き方をするために、健康的で安定した生活を築き、諸欲求を充足させ、さらに、より質の高い生活を目指し、維持、向上、発展させながら、持続的に生き続けていくための諸活動のことです

また、人々が、家庭生活を持続的に続けていくための諸活動とは、食、衣、住の基本的活動、および、政治、経済、法律、経営、会計、教育などに関する活動のことをいいます。


現在の資本主義経済社会の経済的な社会構造は、家内制手工業から工場制手工業へと発展し、資本と労働力の分業から産業革命を経て、社会機構としての資本主義的生産様式として確立されました。この経済社会の担い手は、資本家と賃金労働者で、資本家は利潤を追求するため、労働者に対し、長時間の低賃金労働を求め、労働者は短時間で高い賃金を得ようとし、両者は相いれない利害関係にあります。そのために、会社(法人)の規模の拡大にともない、賃金労働者としての給与所得者の家庭生活の在り方が重要な研究課題となります。

家庭生活の主体である固有の人格を持った人間の立場から見ると、この経済社会の主体は、国、会社(法人)と給与所得者から成り立っているといえます。

国は、会社(法人)や給与所得者と異なり、単に生産者として極大利潤を求めたり、消費者として極大満足を求めたりしているのではなく、私的利益と社会的利益との乖離に対して、国全体のバランス、公平、平等な富の再配分、取引の公平などを勘案して行動します。国の経済行為としては、例えば、司法、治安、国防、外交や教育、社会福祉、医療、年金、雇用、公共事業、先端技術の研究などがあり、また、国を構成している政府・地方公共団体は、選挙によって選ばれた議員(政治家)によって運営されています。

会社(法人)は法律によって営利を目的として設立され、法人格が与えられています。従来、会社(法人)という概念はなく、固有の人格を持った人間である固有の商人しか法律上商人として認められていませんでしたが、設立登をすることによって擬制された商人として法人格を得ることができるようになりました。(日本においては、昭和13年の商法改正により会社(法人)が認められることになりました)法人格」とは、会社(法人)が、法律上、権利や義務の主体となり得る地位・資格のことをいい、法令の規定に従い、定款に定めた目的の範囲内において認められるものです。そして、この範囲内において、自然人と同様に、会社も権利能力を有することになりました。

給与所得者とは、「雇用契約又はこれに類する原因に基づき使用者の指揮命令に服して提供した労務の対価として使用者から給付を受ける人」で、「労務の提供が自己の危険と計算によらず他人の指揮監督に服してなされる場合に、その対価として支給されるものが給与所得」であり、「その雇用関係等が継続的であるとか一時的であるとかを問わず、また、その支給名目の如何を問わないし、提供される労務の内容について高度の専門性が要求され、本人にある程度の自主性が認められる場合(国会議員の歳費や普通地方公共団体の議会の議員の報酬など可成り性質の異なるものも給与所得とされています)であっても、労務がその雇用契約等に基づき、他人の指揮監督の下に提供され、その対価として得られた報酬等である限り、給与所得に該当すると言わなければならない」とされています。(京都地裁昭和5636日判決)

また、所得税法上、給与所得とは、「俸給、給料、賃金、歳費、賞与及びこれらの性質を有する給与にかかわる所得」をいうものとされています。(所得税法第28条第1項)

  (注:給与所得者以外に個人事業所得者、年金受給者等のその他生活所得者がいます)

国、会社(法人)、給与所得者のそれぞれの関係は次のようになります。











第949回 日本銀行の株価


日本銀行(にっぽんぎんこう、: Bank of Japan

日本銀行のデータ
英名 Bank of Japan
法人番号 3010005002599 ウィキデータを編集
店舗数 本店
32支店
14事務所
7駐在員事務所
従業員数 4,626人
(2020年3月31日現在)[8]
資本金 1億円
(2020年3月31日現在)[2]
総資産 604兆4846億4180万4227円
(2020年3月31日現在)[2]
貸出金残高 54兆3286億4800万0000円
(2020年3月31日現在)[2]
預金残高 447兆0762億3936万3367円
(2020年3月31日現在)[2]


  日本銀行の概要


日本銀行はわが国唯一の中央銀行です。

日本銀行は、日本銀行法によりそのあり方が定められている認可法人であり、政府機関や株式会社ではありません。


  目的

日本銀行法では、日本銀行の目的を、「我が国の中央銀行として、銀行券を発行するとともに、通貨及び金融の調節を行うこと」および「銀行その他の金融機関の間で行われる資金決済の円滑の確保を図り、もって信用秩序の維持に資すること」と規定しています。

また、日本銀行が通貨及び金融の調節を行うに当たっての理念として、「物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資すること」を掲げています。

日本銀行が目的を達成するために行っている各業務については、「中期経営計画」や、金融政策金融システム決済・市場銀行券/国庫・国債国際金融調査・研究統計公表資料・広報活動のページをご覧ください。また、日本銀行は、わが国の中央銀行として尊重すべき普遍的な理念であり、役職員が日々の業務を遂行する際に常に意識すべき「日本銀行の行動原則」を定めています。


組織

政策委員会

日本銀行には、最高意思決定機関として政策委員会が置かれています。政策委員会は、通貨及び金融の調節に関する方針を決定するほか、その他の業務の執行の基本方針を定め、役員(監事および参与を除く)の職務の執行を監督する権限も有しています。

役員

日本銀行には、役員として、総裁、副総裁(2人)、審議委員(6人)、監事(3人以内)、理事(6人以内)、参与(若干人)が置かれています。このうち、総裁、副総裁および審議委員が、政策委員会を構成しています。

局室研究所、支店、事務所

日本銀行は、本店に15の局室研究所を置いています。詳しくは、日本銀行の組織をご覧ください。

また、日本銀行は、本店のほか、国内に32の支店、14の事務所を、海外に7の駐在員事務所を置いています。住所は、本店・支店・国内事務所および海外事務所をご覧ください。


 
資本金および出資

日本銀行の資本金は1億円と日本銀行法により定められています。そのうち55,008千円(平成27年3月末現在)は政府出資であり、残りは民間等の出資となっています。なお、日本銀行法では、「日本銀行の資本金のうち政府からの出資の額は、五千五百万円を下回ってはならない。」と定められています。

日本銀行の出資者に対しては、経営参加権が認められていないほか、残余財産の分配請求権も払込資本金額等の範囲内に限定されています。また、剰余金の出資者への配当は払込出資金額に対して年5%以内に制限されています。


 沿革

日本銀行は、わが国の中央銀行として、明治15年6月に制定された日本銀行条例に基づき、同年10月10日に業務を開始しました。昭和17年2月には、日本銀行法が制定され、日本銀行は同年5月1日に改組しました。昭和17年の日本銀行法は日本銀行の目的について、「国家経済総力ノ適切ナル発揮ヲ図ル為国家ノ政策ニ即シ通貨ノ調節、金融ノ調整及信用制度ノ保持ニ任ズルヲ以テ目的トス」と定めるなど、戦時色の濃い内容となっていました。この昭和17年の日本銀行法は、戦後数次に亘って部分的な改正が行われ、昭和24年6月の改正では、最高意思決定機関として政策委員会を設置することが定められました。

平成9年6月、「独立性」と「透明性」という2つの理念の下に、日本銀行法は全面改正され、改正後の日本銀行法は平成10年4月1日に施行されました。

日本銀行のこれまでの歩みの詳細については、「沿革」をご覧ください。



出資証券[編集]

資本金の出資者には一般の株式会社の株式に相当する出資口数を証した「出資証券」が発行されるが、出資証券はJASDAQ(JASDAQのうち、さらにJASDAQスタンダード)に上場され、株式に準じて取引されている。一部の証券会社では日銀出資証券を取り扱っていない場合がある。証券コードは8301[7]。JASDAQ市場における取引の1単元は100口。なお売買価格は株式市場における実勢価格であり、「額面の出資金額」とは異なる。

同出資証券の、JASDAQ市場での2018年における年間の売買高は、462,000口[14](4,620単位)。

同出資証券の売買単位は100口であるが、100口券を1口券100枚に分割可能ではある。100口未満(1 - 99口)の買取請求はできない。また、同出資証券は証券保管振替制度の取扱い対象外である。

同出資証券はいわゆる有価証券のペーパーレス化(株券の領域では「株券の電子化」と呼ばれた)がなされておらず[11]、上記のJASDAQ市場でなされた売買の決済は(日本証券クリアリング機構での)現物証券の受け渡しによってなされる[15]。日本国内の証券取引所でなされる売買の決済では唯一の現物受け渡しの例である[15]


















第948回 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

  「共同参画」2021年8月号

総括文書 -2007〜2020-
内閣府男女共同参画局推進課

 2007年12月に策定された「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」 (以下「憲章」という。)と「仕事と生活の調和推進のための行動指針」(以下「行 動指針」という。)に基づき、企業、労働組合、地方公共団体の代表や有識者等 で構成された「仕事と生活の調和連携推進・評価部会」(以下「評価部会」という。) は、関係省庁と連携して憲章と行動指針の点検・評価を行ってまいりました。行 動指針で定めている数値目標の期限が2020年であることを機に、数値目標のこ れまでの動向や、政労使の取組、評価部会委員の提言等を取りまとめた「仕事 と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)総括文書 ?2007〜2020?」(以下「総 括文書」という。)を公表いたしました。  今回は総括文書の中から、第2章の「2020年時点での数値目標達成状況と その理由、今後の課題」について紹介いたします。



数値目標設定指標の動向  行動指針では、政策によって一定の影響を及ぼすことので きる13項目18指標について、取組が進んだ場合に達成され る水準として2020年の数値目標を設定しています。行動指 針で定めた「数値目標設定指標」の状況は以下のとおり、13 項目中3項目が達成済み又はほぼ達成、8項目が順調でない ものの進捗している、2項目が進捗していないという結果と なりました。
















第947回 国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(令和3年6月末現在)

 国の借金、過去最高の1220兆円 6月末

配信 時事通信


財務省は10日、国債や借入金などの残高を合計した「国の借金」が、6月末で1220兆6368億円と過去最高を更新したと発表した。  2月1日時点の推計人口(1億2301万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約992万円になる。国の借金は国債、借入金、政府短期証券で構成される。残高合計は3月末に比べ4兆1735億円増加した。新型コロナウイルス対策の歳出や、高齢化で膨らむ社会保障費の増加を税収では賄えず、借金への依存が続いている。 

令 和 3 年 7 月 20 日 総務省統計局

  人 口 推 計 − 2021年(令和3年) 7 月 報 −

      男女計        男         女

     1億2536万人   6096万人     6440万人


国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(令和3年6月末現在)


 令和3年8月10日財務省

1.国債及び借入金現在高







第946回 造幣局

   造幣局

造幣局は、近代国家としての貨幣制度の確立を図るため、明治新政府によって大阪の現在地(大阪市北区)に創設され、明治4年4月4日に創業式を挙行し、当時としては画期的な洋式設備によって貨幣の製造を開始しました。

その頃我が国では、機械力を利用して行う生産工業が発達していなかったため、大型の機械設備は輸入するとしても、貨幣製造に必要な各種の機材の多くは自給自足するよりほかなかったので、硫酸、ソーダ、石炭ガス、コークスの製造や電信・電話などの設備並びに天秤、時計などの諸機械の製作をすべて局内で行っていました。また事務面でも自製インクを使い、我が国はじめての複式簿記を採用し、さらに風俗面では断髪、廃刀、洋服の着用などを率先して実行しました。

このように、造幣局は、明治初年における欧米文化移植の先駆者として、我が国の近代工業及び文化の興隆に重要な役割を果たしたので、大阪市が今日我が国商工業の中心として隆盛を見るようになったのも、造幣局に負うところが少なくないといわれています。

その後、造幣局は、貨幣の製造のほか、時代の要請にこたえて勲章・褒章及び金属工芸品等の製造、地金・鉱物の分析及び試験、貴金属地金の精製、貴金属製品の品位証明(ホールマーク)などの事業も行っています。

平成15年4月1日から、独立行政法人造幣局となりました。






   (造幣局のあゆみ 改訂版兇茲蝓












第945回 ネットショッピングと電子マネーの利用状況





     



   全国・地方・都市階級別電子マネーの利用状況 
  
  1総世帯






 全国・地方・都市階級別電子マネーの利用状況
 
 2二人以上の世帯









第944回 家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年) 6月分



  家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年) 6月分 (2021年8月6日公表) 
  年平均(前年比 %) 月次(前年同月比,【  】内は前月比(季節調整値)  %)
2018年 2019年 2020年 2021年3月 4月 5月 6月
【二人以上の世帯】
      消費支出(実質)
0.3 1.5 ▲5.3 6.2
【7.2】
13.0
【0.1】
11.6
【▲2.1】
▲5.1
【▲3.2】
 消費支出(変動調整値)(実質) ▲0.4 0.9 - -
【-】
-
【-】
-
【-】
-
【-】
【勤労者世帯】
  実収入(名目,< >内は実質)
4.7
<3.5>
4.9
<4.3>
4.0
<4.0>
▲1.2
<▲1.0>
2.3
<2.8>
▲2.7
<▲2.6>
▲11.3
<▲11.5>
  実収入(変動調整値
  (名目,< >内は実質)
0.6
<▲0.6>
1.1
<0.5>
-
<->
-
<->
-
<->
-
<->
-
<->

注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値


≪ポイント≫

    消費支出
      消費支出(二人以上の世帯)は,  1世帯当たり  260,285円
           前年同月比                    実質 5.1%の減少      名目 4.9%の減少
           前月比(季節調整値)     実質 3.2%の減少
    
    実収入
      勤労者世帯の実収入(二人以上の世帯)は,1世帯当たり  904,078 円
           前年同月比                    実質 11.5%の減少      名目 11.3%の減少
    

 



2021年(令和3年)度月次推移表

     2021年(令和3年)度       2020年(令和2年)度
   実収入    消費支出  収支差額    実収入    消費支出  収支差額
1月 469,254円 267,760円 201,494円  484,697円 287,173円 197,524円
2月 535,392円 252,451円 282,941円  537,666円 271,735円 265,931円
3月 484,914円 309,800円 175,114円  490,589円 292,214円 198,375円
4月 543,063円 301,043円 242,020円  531,017円 267,922円 263,095円
5月 489,019円 281,063円 207,956円  502,403円 252,017円 250,386円
6月 904,078円 260,285円 643,793円 1,019,095円 273,699円 745,396円
7月  685,717円 266,897円 418,820円
8月  528,891円 276,360円 252,531円
9月  469,235円 269,863円 199,372円
10月  546,786円 283,508円 263,278円
11月  473,294円 278,718円 194,576円
12月 1,045,032円 315,007円 730,025円
合計 7,314,422 3,335,113 3,979,309
平均  609,535  277,926  331,609














第943回 家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年) 家計の概要


家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年) 家計の概要

 (総務省統計局参照)

家計収支の概況(二人以上の世帯)

1 二人以上の世帯の家計消費
(1) 消費支出は実質5.3%の減少となり,2年ぶりの実質減少 2020年の二人以上の世帯(平均世帯人員2.95人,世帯主の平均年齢59.7歳)の消費支出は, 1世帯当たり1か月平均277,926円で,前年に比べ名目5.3%の減少となった。
また,物価変動 (0.0%)の影響を除いた実質でも5.3%の減少となった。
消費支出の対前年実質増減率の近年の推移をみると,東日本大震災が発生した2011年は実質減少(-2.2%)となった。
2012年(1.1%),2013年(1.0%)は2年連続の実質増加となった。 2014年は,消費税率引上げ(4月)に伴う駆け込み需要がみられたものの,その後の反動減や夏場の天候不順の影響などもあって実質減少(-2.9%)となり,2018年まで5年連続の実質減少となった。2019年は,ゴールデンウィークの10連休や,消費税率引上げ(10月)に伴う駆け込み需要などにより,実質増加(0.9%)となった。
2020年は,新型コロナウイルス感染症の影響による外出や営業の自粛などがあったことや,前年の消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動による減少がみられたことなどから,2年ぶりの実質減少(-5.3%)となるとともに, 比較可能な2001年以降で最大の減少幅となった。




月別にみると,1月は,暖冬によるスキーなど冬のレジャーの需要の低下により,ガソリンなどの 「自動車等関係費」や,パック旅行費などの「教養娯楽サービス」などが減少したことから消費支出は実質 3.9%の減少となった。2月は,新型コロナウイルス感染症の影響により,トイレットペーパー などの「家事用消耗品」など,買いだめによる増加,国内パック旅行費などの「教養娯楽サービス」 など,外出自粛による減少といった両面の影響がみられた。
また,うるう年で前年より1日多かった影響もあり前月と比べ減少幅が縮小した。
3月から5月までは,新型コロナウイルスの感染拡大により,外出や営業の自粛などがあったことから,飲酒代などの「外食」や,国内パック旅行費などの「教養娯楽サービス」などが減少となった。 特に4月の消費支出は緊急事態宣言の影響もあり実質11.1%の減少,5月の消費支出は緊急事態宣言の影響に加え,前年の10連休の反動による減少もあり実質16.2%の減少と他の月と比べ減少幅が大き かった。 6月は,特別定額給付金などがエアコンなどの「家庭用耐久財」や,テレビなどの「教養娯楽用耐久財」などの消費を後押しし,実質1.2%の減少と前月と比べ減少幅が大きく縮小した。
7月は天候不順などの一時的な要因などもあり実質7.6%の減少,8月は新型コロナウイルスの感染再拡大などの影響により実質6.9%の減少となった。9月は前年の消費税率引上げによる駆け込み需要の反動な どの影響により実質10.2%の減少となった。 10月及び11月は,前年が消費税率引上げによる駆け込み需要の反動で減少していたことに加え,社会経済活動のレベルが引き上げられたことや巣ごもり需要などの影響により,それぞれ実質1.9%, 実質1.1%の増加となった。12月は,新型コロナウイルスの感染再拡大の影響で,冷凍調理食品など の「調理食品」などにおいて巣ごもり需要などによる増加もみられたが,飲酒代などの「外食」や, パック旅行費などの「教養娯楽サービス」などが大きく減少し,実質0.6%の減少となった





(2) 教養娯楽,交通・通信,その他の消費支出などが実質減少
二人以上の世帯の消費支出を10大費目別にみると,「教養娯楽」,「交通・通信」,「その他の消 費支出」,「被服及び履物」,「食料」,「教育」及び「住居」の7費目が実質減少となった。一方, 「家具・家事用品」,「光熱・水道」及び「保健医療」の3費目が実質増加となった。また,10大 費目の内訳をみると,次のとおりである。

ア 食料は80,198円で,名目0.3%の減少,実質1.7%の減少となった。外食,菓子類などが実質 減少となった。一方,肉類,酒類などが実質増加となった。なお,エンゲル係数注3(消費支出 に占める食料費の割合)は27.5%と,前年から1.8ポイントの上昇となった。

イ 住居は17,374円で,名目1.6%の増加,実質0.2%の減少となった。設備修繕・維持が実質減 少となった。一方,家賃地代が実質増加となった。

ウ 光熱・水道は21,836円で,名目0.5%の減少,実質1.9%の増加となった。電気代,上下水道 料などが実質増加となった。一方,ガス代が実質減少となった。

エ 家具・家事用品は12,708円で,名目8.5%の増加,実質6.1%の増加となった。家事用消耗品, 家庭用耐久財などが実質増加となった。一方,室内装備・装飾品が実質減少となった。

オ 被服及び履物は9,175円で,名目18.9%の減少,実質19.8%の減少となった。洋服,シャツ・ セーター類などが実質減少となった。

カ 保健医療は14,296円で,名目2.0%の増加,実質1.7%の増加となった。保健医療用品・器具, 医薬品が実質増加となった。一方,保健医療サービスが実質減少となった。

キ 交通・通信は39,972円で,名目8.8%の減少,実質8.6%の減少となった。交通,自動車等関 係費などが実質減少となった。

ク 教育は10,293円で,名目10.5%の減少,実質2.9%の減少となった。授業料等などが実質減 少となった。

ケ 教養娯楽は24,987円で,名目18.6%の減少,実質18.1%の減少となった。教養娯楽サービ ス,教養娯楽用品などが実質減少となった。一方,教養娯楽用耐久財が実質増加となった。

コ その他の消費支出注4は47,088円で,名目7.4%の減少,実質7.4%の減少となった。交際費, 仕送り金などが実質減少となった。一方,諸雑費が実質増加となった。










第942回 男女共同参画社会の実現に向けたこれまでの取組

男女共同参画社会の実現に向けたこれまでの取組

  (平成13年版 男女共同参画白書内閣府編)

1 男女共同参画社会基本法制定までの歩み

男女の人権の尊重,社会経済情勢の変化に対応できる豊かで活力ある社会づくりの実現と いう2つの側面を背景として,基本法が公布・施行されたが,それ以前から,男女共同参画 社会の実現に向け,国内外において,多くの人々の様々な取組の積み重ねがあった。
すなわち,戦後の一連の改革の中で婦人参政権が実現するとともに,昭和21年に制定され た日本国憲法に基づき,家族,教育等女性の地位の向上にとって最も基礎的な分野で法制上 の男女平等が明記された。 その後,我が国の男女共同参画社会の実現に向けての取組は,国連が提唱した「国際婦人 年」(昭和50年)によって新しい段階を迎える。この年,メキシコシティーで,第1回目の 世界女性会議である「国際婦人年世界会議」が開催され,各国の取るべき措置のガイドライ ンとなる「世界行動計画」が採択された。
我が国においても,同年,女性の地位向上のため の国内本部機構として婦人問題企画推進本部を設置し,同本部は昭和52年に女性の地位向上 に関する初めての総合的な計画である「国内行動計画」を策定した。
また,昭和54年,国連総会において,女子に対する差別を撤廃し,男女平等原則を具体化 するための基本的かつ包括的な条約である「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」が採択された。
我が国は,男女雇用機会均等法の制定を始めとする男女平等に関す る法律・制度面の整備を大きく進め,この条約を昭和60年に批准した。
昭和62年には,「『国連婦人の十年』ナイロビ世界会議」において採択された「婦人の地位 向上のためのナイロビ将来戦略」(以下「ナイロビ将来戦略」という。)は,2000年に向けての女性の地位向上のための指針であった。これを受けて,我が国においても,男女平等をめ ぐる意識変革,平等を基礎とした男女の共同参加など5つの基本目標と,固定的性別役割分担意識の是正,学校教育の充実と社会教育の推進等15の重点目標を掲げ,この目標の下に2000年に向けて長期的に推進する施策と中期的に推進する具体的施策を示した「西暦2000年に向けての新国内行動計画」(以下「新国内行動計画」という。)を策定した。
平成3年には,国連経済社会理事会において採択された,「婦人の地位向上のためのナイ ロビ将来戦略の実施に関する第1回見直しと評価に伴う勧告及び結論」を受けて,我が国で も新国内行動計画を「西暦2000年に向けての新国内行動計画(第一次改定)」へと改定し た。この改定においては,21世紀の社会はあらゆる分野へ男女が平等に共同して参画するこ とが不可欠であるとの基本的認識の下に,総合目標を「男女共同参加」から「男女共同参画」に改称するとともに,改めて中・長期両面の女性に関する施策を示した。
また,我が国においては,平成6年に男女共同参画社会の形成のために国内本部機構の充実強化を行った。具体的には,婦人問題企画推進本部を改組し,内閣総理大臣を本部長,内閣官房長官・女性問題担当大臣(男女共同参画担当大臣)を副本部長とし,全閣僚を構成員 とする男女共同参画推進本部を設置するとともに,内閣総理大臣の諮問機関として男女共同 参画審議会を設置した。
平成7年9月に北京で開催された「第4回世界女性会議」において採択された「北京宣言及び行動綱領」,8年7月に男女共同参画審議会が答申した「男女共同参画ビジョン」を踏 まえて,同年12月には,男女共同参画推進本部は,男女共同参画社会の形成の促進に関する新たな行動計画である「男女共同参画2000年プラン−男女共同参画社会の形成の促進に関する平成12年(西暦2000年)度までの国内行動計画−」(以下「男女共同参画2000年プラン」 という。)を策定した。この計画においては,従来の経緯を踏まえて計画の基本的考え方と 構成を示すとともに,政策目標とそれに対する施策の基本的方向性及び具体的な施策の内容,この計画を総合的かつ効果的に推進するための方策を示した。



2 男女共同参画社会基本法の制定

(1) 男女共同参画社会基本法制定の経緯
こうした男女共同参画社会の実現に向けた様々な取組が推進される中,男女共同参画社会の形成に関する取組を一層推進していく上での「法的な支え」,「基本的な考え方を示してく れるもの」が必要であるとの意見が各界各層から寄せられた。
このような意見を踏まえ,平成8年7月の男女共同参画審議会答申「男女共同参画ビジョ ン」において「男女共同参画社会の実現を促進するための基本的な法律については速やかに 検討を進めるべき」ことが提言され,この答申等を踏まえて男女共同参画推進本部が同年12月に決定した「男女共同参画2000年プラン」においてもその検討がうたわれた。
この後,平成9年6月には,内閣総理大臣から男女共同参画審議会に対し,基本法の検討を含め,「男女共同参画社会の実現を促進するための方策に関する基本的事項」について諮 問が行われた。この諮問に対し,男女共同参画審議会は,基本問題部会においてこの問題について検討を行った。
検討に当たっては,中間的取りまとめである「男女共同参画社会基本法(仮称)の論点整理」を公表し,これに対する意見を募集するとともに,全国6か所で国 民との意見交換会を開催した。男女共同参画審議会では,こうした意見も踏まえ,10年11月,基本法の必要性,基本理念,内容等をとりまとめた「男女共同参画社会基本法について −男女共同参画社会を形成するための基礎的条件づくり−」を答申した。 政府は,この答申を踏まえて「男女共同参画社会基本法案」を作成し,平成11年6月23 日,男女共同参画社会基本法が公布・施行されるに至った。

(2) 男女共同参画社会基本法の仕組み
男女共同参画社会基本法においては,男女共同参画社会の形成に関する基本理念として,
|暴の人権の尊重,
⊆匆颪砲ける制度又は慣行についての配慮,
政策等の立案及び決 定への共同参画,
げ板軅験茲砲ける活動と他の活動の両立,
ス餾歸協調
という5つの理 念を定め,この基本理念にのっとり,国や地方公共団体は男女共同参画社会の形成の促進に 関する施策を策定・実施すること,国民は男女共同参画社会の形成に寄与するように努めることという,それぞれの責務を明らかにしている。 その上で,男女共同参画基本計画等の策定,施策の策定等に当たっての配慮,国民の理解の促進,苦情の処理等,調査研究,国際的協調のための措置,地方公共団体及び民間の団体 に対する支援など施策の基本となる事項について規定している。









第941回 2015年基準 消費者物価指数 東京都区部 2021年(令和3年)7月分(中旬速報値)


     2015年基準 消 費 者 物 価 指 数

    東京都区部 2021年(令和3年)7月分(中旬速報値)令和3年8月3日 総務省


  概 況
   
(1) 総合指数は2015年を100として102.0 前年同月比は0.1%の下落 前月比(季節調整値)は0.1%の上昇

(2) 生鮮食品を除く総合指数は101.8 前年同月比は0.1%の上昇 前月比(季節調整値)は0.3%の上昇

(3) 生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は102.2 前年同月と同水準 前月比(季節調整値)は0.2%の上昇