依田宣夫の一言コラム

   

 第1001回から第1010回  





「家庭経営とは」   家庭決算書とは   「家庭簿記入門」





 Top   Home 会社概要 家庭決算書 ソフト家庭決算書 コ ラ ム  トピックス 本・雑誌の紹介 家庭簿記 簿記3級 スマフォ簿記3級 ブログ
令和3年度銘 和修                                  家計会計協会
 
  一言コラム一覧 
1011回から第1020回
第1001回から第1010回
第991回から第1000回
第981回から第990回
第971回から第980回
第961回から第970回
第951回から第960回
第941回から第950回
第931回から第940回
第921回から第930回
第911回から第920回
第901回から第910回
第891回から第900回
第881回から第890回
第871回から第880回
第861回から第870回
第851回から第860回
第841回から第850回
第831回から第840回
第821回から第830回
第811回から第820回
第801回から第810回 
第791回から第800回
第781回から第790回
第771回から第780回
第761回から第770回
第751回から第760回
第741回から第750回
第731回から第740回
第721回から第730回
第711回から第720回
第701回から第710回
第691回から第700回
第681回から第690回
第671回から第680回
第661回から第670回
第651回から第660回
第641回から第650回
第631回から第640回
第621回から第630回
第611回から第620回
第611回から第620回
第601回から第610回
第591回〜600回

第581回〜第590回

第571回〜第580回

第561回〜570回

第551回〜560回

 第541回550回

 第531回〜540回

第521回〜530回

第511回〜520回

第501回〜510回

第491回〜第500回

第481回〜第490回

第471回〜第480回

第461回〜第470回

第451回〜460回

第441回〜第450回

第431回〜第440回

第421回〜430回

第411回第420回

第401回〜410回

第391回〜400回

第381回〜第390回

第371回〜第380回

第361回〜第370回

第351回から第360回

第341回から第350回

第331回から第340回

第321回〜第330回

第311回から第320回

第301回から第310回

第291回〜第300  

第281回から第290回

第271回から第280回

第261回から第270回

第251回から第260回

第241回〜第250回
第231回から第240回
第221回から第230回

第211回から第220回

第201回から第210回
第191回〜第200回

第181回から第190回

第171回から第180回

第161回から第170回

第151回から第160回

第141回〜第150回

第131回から第140回

第121回から第130回

第111回から第120回

第91回から100回

第81回から第90回

第71回から第80回
第61回から第70回
第51回から第60回
第41回から第50回 
第31回から第40回
第21回から第30回
第11回から第20回

第1回から第10回

 

      

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  特集コラム1 1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

   特集コラム2  1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

 


 第1001回から第1010回

第1010回

改正前後における「ひとり親」等の判定関係

第1009回

令和3年分年末調整のしかた

第1008回

家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年)9月分

第1007回

統計からみた我が国の高齢者

第1006回

2019年全国家計構造調査 結果の要約

第1005回

当選者465人に占める割合は前回の10・1%から9・7%となった

第1004回

2021年11月1日の財産対照表と10月分の消費損益計算書を作りましょう!
第1003回 貯蓄・純貯蓄・負債現在高階級,年間収入階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出
第1002回 2020年基準消費者物価指数全国2021年(令和3年)9月分(2021年10月22日公表)

第1001回

家庭生活を守るツール「複式簿記




第1010回 改正前後における「ひとり親」等の判定関係
 

     改正前後における「ひとり親」等の判定関係(国税庁)



なお、〔改正後〕の「年末調整時の申告」欄が「必要」となっている方は、令和2年分の 年末調整の際にその異動内容について申告する必要がありますので、令和2年の最後に給 与等の支払を受ける日の前日までに、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を、給与等の支払者に提出してください。
具体的な申告方法については、問8をご覧ください。
(注) 改正前の「寡婦(特別の寡婦を除く)」に該当する方が、上記適用判定の結果、「寡 婦」に該当する場合において、その者と生計を一にする子を有するときは、「ひとり 親」(控除額:35 万円)に該当し、年末調整の際にその異動内容について申告する必要があります。



未婚のひとり親に対する税制上の措置及び寡婦(寡夫)控除の見直しの概要は、次のと おりです。

未婚のひとり親に対する税制上の措置
イ 居住者がひとり親(現に婚姻をしていない者又は配偶者の生死の明らかでない一定 の者のうち、次に掲げる要件を満たすものをいいます。)である場合には、ひとり親控 除として、その者のその年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から 35万円を控除することとされました。
(イ) その者と生計を一にする一定の子を有すること。
(ロ) 合計所得金額が 500 万円以下であること。
(ハ) その者と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる一定の者がいないこと。

ロ 上記イのひとり親控除は、給与等及び公的年金等の源泉徴収の際に適用できること とされました。
 
寡婦(寡夫)控除の見直し 寡婦の要件について、次の見直しを行った上で、寡婦(寡夫)控除をひとり親に該当 しない寡婦に係る寡婦控除に改組することとされました。
イ 扶養親族を有する寡婦についても、上記?イ(ロ)の要件が追加されました。
ロ 上記?イ(ハ)の要件が追加されました。
また、寡婦控除の特例(いわゆる「特別の寡婦」に該当する場合の寡婦控除の特別加 算)を廃止することとされました。
(注) 改正後の「ひとり親」及び「寡婦」の要件について、詳しくはそれぞれ問3及び 問4をご覧ください。


2 適用開始日
これらの改正は、令和2年分以後の所得税について適用されます。具体的には、令和2 年分以後の年末調整(令和2年分の年末調整については同年中に支払うべき給与等でその 最後に支払をする日が同年4月1日以後であるものに限ります。)及び確定申告において適用されます。
また、月々の源泉徴収においては、令和3年1月1日以後に支払うべき給与等及び公的 年金等について適用されます。
そのため、令和2年分の源泉徴収事務においては、月々の給与等及び公的年金等に対する源泉徴収では改正前の控除が適用され、年末調整では改正後の控除が適用されることとなります。


 
「ひとり親」

「ひとり親」とは、現に婚姻をしていない者又は配偶者の生死の明らかでない一定の者 のうち、次に掲げる要件を満たすものをいいます。
(1)その者と生計を一にする子(他の者の同一生計配偶者又は扶養親族とされている者を 除き、その年分の総所得金額、退職所得金額及び山林所得金額の合計額が 48 万円以下の ものに限ります。以下同じです。)を有すること。
(2)合計所得金額が 500 万円以下であること。
 (3)その者と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる者(次に掲げる者をいいま す。以下同じです。)がいないこと。
イ その者が住民票に世帯主と記載されている者である場合には、その者と同一の世帯 に属する者の住民票に世帯主との続柄が世帯主の未届の夫又は未届の妻である旨その 他の世帯主と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる続柄である旨の記載が された者
ロ その者が住民票に世帯主と記載されている者でない場合には、その者の住民票に世帯主との続柄が世帯主の未届の夫又は未届の妻である旨その他の世帯主と事実上婚姻 関係と同様の事情にあると認められる続柄である旨の記載がされているときのその世帯主

このように、ひとり親は、婚姻歴の有無や性別にかかわらず、その者と生計を一にする 子を有するなど、上記要件を満たす単身者が該当することとなります。
そのため、改正前は寡婦(寡夫)控除の対象ではなかったいわゆる未婚のひとり親が「ひ とり親」に該当することとなる場合や、反対に、改正前は寡婦(寡夫)控除の対象であっ た方が「ひとり親」に該当しないこととなる場合がありますので、ご注意ください。
なお、改正前は「寡夫」又は「特別の寡婦」に該当していた方の場合、上記要件のうち、 (3)以外の要件は満たしていますので、上記(3)の要件を満たせば「ひとり親」に該当するこ ととなります。


 「寡婦

改正後の「寡婦」とは、次に掲げる者でひとり親に該当しないものをいいます。
(1)夫と離婚した後婚姻をしていない者のうち、次に掲げる要件を満たすもの
イ 扶養親族を有すること。
ロ 合計所得金額が 500 万円以下であること。
ハ その者と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる者がいないこと(注)。

(2)夫と死別した後婚姻をしていない者又は夫の生死の明らかでない一定の者のうち、次に掲げる要件を満たすもの
イ 合計所得金額が 500 万円以下であること。
ロ その者と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる者がいないこと

(注)。 改正後の「寡婦」の要件は上記のとおりですが、改正前の「寡婦」の要件との主な違いは、”淪椰涜欧鰺する寡婦についても上記(1)ロ及び(2)イの「合計所得金額要件」が、 上記(1)ハ及び(2)ロの「非事実婚要件」が、それぞれ追加されたこととなります。 そのため、改正前の寡婦控除の対象ではなかった方が、改正後の「寡婦」に該当するこ とはありません。
(注) 上記(1)ハ及び(2)ロの要件については、問3の(3)と同様です







第1009回 令和3年分年末調整のしかた


      令和3年分年末調整のしかた (国税庁)



















第1008回 家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年)9月分


  家計調査(二人以上の世帯)2021年(令和3年)9月分 (2021年11月5日公表) 
  年平均(前年比 %) 月次(前年同月比,【  】内は前月比(季節調整値)  %)
2018年 2019年 2020年 2021年6月 7月 8月 9月
【二人以上の世帯】
      消費支出(実質)
0.3 1.5 ▲5.3 ▲4.3
【▲3.1】
0.7
【▲0.9】
▲3.0
【▲3.9】
▲1.9
【5.0】
消費支出(変動調整値)(実質) ▲0.4 0.9 - -
【-】
-
【-】
-
【-】
-
【-】
【勤労者世帯】
 実収入(名目,< >内は実質)
4.7
<3.5>
4.9
<4.3>
4.0
<4.0>
▲11.3
<▲10.8>
▲2.6
<▲2.2>
4.9
<5.4>
2.7
<2.5>
     実収入(変動調整値
      (名目,< >内は実質)
0.6
<▲0.6>
1.1
<0.5>
-
<->
-
<->
-
<->
-
<->
-
<->

注 調査方法の変更の影響による変動を調整した推計値


≪ポイント≫

    消費支出
      消費支出(二人以上の世帯)は,  1世帯当たり  265,306円
           前年同月比                    実質 1.9%の減少      名目 1.7%の減少
           前月比(季節調整値)     実質 5.0%の増加
    
    実収入
      勤労者世帯の実収入(二人以上の世帯)は,1世帯当たり  481,800 円
           前年同月比                    実質 2.5%の増加      名目 2.7%の増加

    

 


   2021年(令和3年)度月次推移表

     2021年(令和3年)度       2020年(令和2年)度
   実収入    消費支出  収支差額    実収入    消費支出  収支差額
1月 469,254円 267,760円 201,494円  484,697円 287,173円 197,524円
2月 535,392円 252,451円 282,941円  537,666円 271,735円 265,931円
3月 484,914円 309,800円 175,114円  490,589円 292,214円 198,375円
4月 543,063円 301,043円 242,020円  531,017円 267,922円 263,095円
5月 489,019円 281,063円 207,956円  502,403円 252,017円 250,386円
6月 904,078円 260,285円 643,793円 1,019,095円 273,699円 745,396円
7月 668,062円 267,710円 400,352円  685,717円 266,897円 418,820円
8月 555,009円 266,638円 288,371円  528,891円 276,360円 252,531円
9月 481,800円 265,306円 216,494円  469,235円 269,863円 199,372円
10月  546,786円 283,508円 263,278円
11月  473,294円 278,718円 194,576円
12月 1,045,032円 315,007円 730,025円
合計 7,314,422 3,335,113 3,979,309
平均  609,535  277,926  331,609







      
 新型コロナウイルス感染症により

       消費行動に大きな影響が見られた主な品目など


     新型コロナウイルス感染症により、消費行動に大きな影響が見られた
     主な品目などを挙げると、以下の表のとおりとなっている。
     在宅勤務などによる巣ごもり需要や、外出自粛による影響などがうかがえる。

     なお、実質増減率は、新型コロナウイルス感染症などの影響がある2020年ではなく、
     2019年との比較とした。
     ただし、2019年9月は消費税率引上げ(8%→10%)の直前であるため、
    一部の品目では駆け込み需要による消費拡大の影響が含まれることに留意が必要である。








第1007回 統計からみた我が国の高齢者

統計トピックス No.129

統計からみた我が国の高齢者 −「敬老の日」にちなんで−


 総務省統計局では、「敬老の日」(9月20日)を迎えるに当たって、統計からみた我が国の
65歳以上の高齢者のすがたについて取りまとめました。


  内容

高齢者の人口(人口推計 2021年9月15日現在)
○ 総人口が減少する中で、高齢者人口は3640万人と過去最多 総人口に占める割合は29.1%と過去最高
○ 日本の高齢者人口の割合は、世界で最高(201の国・地域中)

高齢者の就業(労働力調査)
 ○ 高齢就業者数は、17年連続で増加し、906万人と過去最多
 ○ 高齢者の就業率は25.1%、9年連続で上昇
 ○ 就業者総数に占める高齢就業者の割合は、13.6%と過去最高
 ○ 高齢就業者は、「卸売業,小売業」や「農業,林業」などで多い
 ○ 高齢の非正規の職員・従業員は10年前に比べ227万人増加し、 その割合は7.6ポイント上昇
 ○ 非正規の職員・従業員についた主な理由は、 男女とも「自分の都合のよい時間に働きたいから」が最多
 ○ 日本の高齢者の就業率は、主要国の中でも高い水準
 ○ 高齢就業者数は2020年4月を除き前年同月に比べ増加

  高齢者の人口

総人口が減少する中で、高齢者人口は 3640 万人と過去最多

総人口に占める割合は 29.1%と過去最高





総人口に占める高齢者人口の割合の推移をみると、1950年(4.9%)以降一貫して上昇が続い ており、
1985年に 10%、2005 年に 20%を超え、2021年は 29.1%となりました。
国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、この割合は今後も上昇を続け、第2次ベビー ブーム期
(1971年〜1974年)に生まれた世代が65歳以上となる2040年には、35.3%になると見 込まれています。


高齢者の就業

高齢就業者数は、17年連続で増加し、906万人と過去最多


2020年の高齢者の就業者※1)(以下「高齢就業者」といいます。)数は、2004年以降、17年連続で
前年に比べ増加し、906万人と過去最多※2)となっています

※1)就業者とは、月末1週間に収入を伴う仕事を1時間以上した者、又は月末1週間に仕事を休んでいた者
※2)比較可能な1968年以降

高齢就業者数の対前年増減をみると、「団塊の世代」の高齢化などを背景に、2013年から2016年までは
主に65〜69歳で増加、2017年以降は「団塊の世代」が70歳となり始めたことなどにより、
主に 70歳以上で増加しています。




高齢者の就業率は25.1%、9年連続で上昇
2020年の高齢者の就業率※3)は25.1%となり、9年連続で前年に比べ上昇しています。
年齢階級別※4)にみると、65〜69歳は9年連続で上昇し2020年に49.6%となり、70歳以上は4年 連続で
上昇し2020年に17.7%となっています。
また、男女別にみると、男性が34.2%、女性が18.0%と、いずれも9年連続で前年に比べ上昇しています。
このうち65〜69歳の就業率をみると、男性は2014年に50%を超え、2020年は60.0%となっ ています。
一方、女性は2014年に30%を超え、2020年は39.9%となっています。


高齢就業者を主な産業別にみると、「卸売業,小売業」が128万人と最も多く、次いで「農業,林業」が106万人、
「サービス業(他に分類されないもの)」が104万人、「製造業」、「医療,福祉」がそれぞれ92万人などとなっています。
なお、各産業の就業者に占める高齢就業者の割合をみると、「農業,林業」が53.0%と最も高く、次いで「不動産業,
物品賃貸業」が26.4%、「サービス業(他に分類されないもの)」が23.0%、「生活関連サービス業,娯楽業」が
18.7%などとなっています。

高齢就業者を従業上の地位別にみると、役員を除く雇用者が510万人で高齢就業者の57.0%、自営業主・
家族従業者が275万人で同30.7%、会社などの役員が110万人で同12.3%となっています。
さ らに、高齢就業者のうち役員を除く雇用者(以下「高齢雇用者」といいます。)を雇用形態別にみる と、
非正規の職員・従業員が76.5%を占めており、そのうちパート・アルバイトの割合が52.5%と 最も高くなっています。






第1006回 2019年全国家計構造調査 結果の要約

     2019年全国家計構造調査 結果の要約

 (参照)総務省





















第1005回 当選者465人に占める割合は前回の10・1%から9・7%となった

   当選者465人に占める割合は前回の10・1%から9・7%となった


 今回の衆院選に立候補した女性186人のうち、小選挙区24人、比例代表21人の計45人が当選し、
 前回の47人から2人減った。

当選者465人に占める割合は前回の10・1%から0・4ポイント減り9・7%となり、1割を切った。


政党別の女性の当選者は以下の通りであった。

自民 20人 立民 13人 公明 4人 共産 2人 維新 4人 国民 1人 社民 0人 れいわ 1人 N党 0人

 (参考)



190か国中165位





令和3年(2021年)10月概算値)(2021年10月20日公表)総務省統計局
  人 口 推 計 − 2021年(令和3年) 10 月 報 −
        男女計        男         女
     1億2512万人   6085万人     6428万人

男女共同参画社会基本法の仕組み

男女共同参画社会基本法においては,男女共同参画社会の形成に関する基本理念として,
|暴の人権の尊重,
⊆匆颪砲ける制度又は慣行についての配慮,
政策等の立案及び決 定への共同参画,
げ板軅験茲砲ける活動と他の活動の両立,
ス餾歸協調
という5つの理念を定め,この基本理念にのっとり,国や地方公共団体は男女共同参画社会の形成の促進に 関する施策を策定・実施すること,国民は男女共同参画社会の形成に寄与するように努めることという,それぞれの責務を明らかにしている。 その上で,男女共同参画基本計画等の策定,施策の策定等に当たっての配慮,国民の理解の促進,苦情の処理等,調査研究,国際的協調のための措置,地方公共団体及び民間の団体 に対する支援など施策の基本となる事項について規定している。



政治分野における男女共同参画の推進に関する法律(平成30年法律第28号)
〔平成30年5月23日公布・施行〕

目的)

第一条 この法律は、 社会の対等な構成員である男女が公選による公職又は内閣総理大臣その他の国務大臣、 内閣官房副長官、 内閣総理大臣補佐官、副大臣、大臣政務官若しくは大臣補佐官若しくは副知事若しくは副市町村長の職(次条において「公選による公職等」という。)にある者として国又は地方公共団体における政策の立案及び決定に共同して参画する機会が確保されること(以下「政治分野における男女共同参画」という。)が、その立案及び決定において多様な国民の意見が的確に反映されるために一層重要となることに鑑み、男女共同参画社会基本法(平成十一年法律第七十八号)の基本理念にのっとり、政治分野における男女共同参画の推進について、その基本原則を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに政治分野における男女共同参画の推進に関する施策の基本となる事項を定めることにより、政治分野における男女共同参画を効果的かつ積極的に推進し、もって男女が共同して参画する民主政治の発展に寄与することを目的とする


公職選挙法
  第六章 投票
(選挙の方法)
      第三十五条 選挙は、投票により行う。
(一人一票)
      第三十六条 投票は、各選挙につき、一人一票に限る










第1004回 2021年11月1日の財産対照表と10月分の消費損益計算書を作りましょう!


  2021年11月度の財産対照表を作りましょう

                2021年11月度財産対照表
                          
              (2021年11月1日現在)
      (単位:円)


左方(ひだりかた)

   金 額

右方(みぎかた)

   金 額

資産の部

 

   負債の部

 

現 金

 

住宅ローン

 

 電子マネー

 

その他借入金

 

普通預金

 

カード未払金

 

定期性預金

 

未払金

 

その他預金

 

後払い電子マネー

 

土 地

 

その他負債

 

建 物

 

負債合計

 

マンション

正味財産の部

有価証券

 

 家族財産

 

保険積立金

 

 留保財産

 

車 両

 

 当期消費損益

      

売却可能な高額品

 

正味財産合計

 

その他資産

 

 

現金過不足

 

 

 

資 産 合 計

 

負債・正味財産合計

 




(1)  正味財産の計算

    正味財産=資産合計―負債合計

(2)留保財産(あなたが今まで働いて自力で築き上げた財産の金額)の計算

      留保財産=正味財産―家族財産
 


 2021年10月1日から10月31日の消費損益計算書を作りましょう

   当月度(10月1日から10月31日)の収入科目と消費科目の
合計金額を

   科目ごとに記帳します。

   累計は10月までの合計金額になります。累計の当期消費損益は、

   11月1日の財産対照表の当期消費損益に一致します。



              2021年10月度消費損益計算書

              (2021年10月1日から10月31日)      (単位円)

  科 目

 当 月

 累 計

  科 目

 当 月

  累 計

収入の部

金 額

金 額

特別収入の部

 金 額

 金 額

給 料

 

 

受取利息

 

 

賞 与

 

 

受取配当金

 

 

家族収入

 

 

受贈給付金

 

 

年金・その他

 

 

資産評価益

 

 

収入合計

 

 

有価証券売却益

 

 

消費の部

 

 

その他  

 

 

税金等

 

 

特別収入合計

 

 

(所得税)

 

 

特別消費の部

 

 

(住民税)

 

 

住宅ローン支払利息

 

 

(社会保険料)

   

 

その他支払利息

 

 

(その他税金)

 

 

資産評価損

 

 

日常生活費

 

 

有価証券売却損

 

 

(食料費)

 

 

 その

 

 

(通信費)

 

 

特別消費合計

 

 

(交通費)

 

 

当期消費損益

 

 

(水道光熱費)

 

 

 

 

 

(新聞図書費

 

 

 

 

 

(消耗品費)

 

 

 

 

 

その他生活費

 

 

 

 

 

(外食費)

 

 

 

 

 

(交際費)

 

 

 

 

 

(医療費)

 

 

 

 

 

(旅行費)

 

 

 

 

 

(教育費)

 

 

 

 

 

(衣料費)

 

 

 

 

 

消費合計

 

 

 

 

 

通常消費損益

 

 

 

 

 

  通常消費損益=収入合計−消費合計

  当期消費損益=収入合計−消費合計+特別収入合計−特別消費合計


 (注)1月の場合は、当月金額と累計金額が同じ金額になっています



  (参考)

企業会計原則

 一般原則

 一 真実性の原則

   企業会計は、企業の財政状態及び経営成績に関して、真実な報告を提供するもので
   なければならない。


 二 正規の簿記の原則

   企業会計は、すべての取引につき、正規の簿記の原則に従って、正確な会計帳簿を作成し
   なければならない。


正確な会計帳簿を実現するために、正規の簿記の原則では、

  次の3つの要件を満たすことが求められています。

   網羅性  企業の経済活動のすべてが網羅的に記録されていること

  2 立証性  会計記録が検証可能な証拠資料に基づいていること

  3 秩序性  すべての会計記録が継続的・組織的に行われていること







第1003回 貯蓄・純貯蓄・負債現在高階級,年間収入階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出


   家計調査 貯蓄・負債編  

   貯蓄・純貯蓄・負債現在高階級,年間収入階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出


   二人以上の世帯・勤労者世帯2021年4〜6月期  2021-10-29(総務省)





 (参考)













第1002回 2020年基準消費者物価指数全国2021年(令和3年)9月分 (2021年10月22日公表)

総務省
    2020年基準 消費者物価指数 全国 2021年(令和3年)9月分 (2021年10月22日公表)
  年平均(前年比 %) 月次(前年同月比 %)
2018年 2019年 2020年 2021年6月 7月 8月 9月
総合 1.0 0.5 0.0 ▲0.5 ▲0.3 ▲0.4 0.2
生鮮食品を除く総合 0.9 0.6 ▲0.2 ▲0.5 ▲0.2 0.0 0.1
生鮮食品及びエネルギーを除く総合 0.4 0.6 0.2 ▲0.9 ▲0.6 ▲0.5 ▲0.5
≪ポイント≫

 (1)  総合指数は2020年を100として100.1
    前年同月比は0.2%の上昇  前月比(季節調整値)は0.4%の上昇
 (2)  生鮮食品を除く総合指数は99.8
    前年同月比は0.1%の上昇    前月比(季節調整値)は0.1%の上昇
 (3)  生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は99.3
    前年同月比は0.5%の下落  前月と同水準(季節調整値)

 














第1001回 家庭生活を守るツール「複式簿記

人間の家庭生活は、社会に組み込まれ、社会との関係、構造を知ったうえで、時間とともに変化し、歴史、伝統、文化や民族など様々な面が相互に関連した複雑で総合的な営みであり、今この生活から,よりよい未来の生活へと向かって、社会の在り方を検討し、持続可能な暮らしを実現するため、多様性のある社会の中で努力し続ける人間の姿そのものです。それは、人間が生きてきたプロセスであり、生き続けていくプロセスであり、人間の歴史そのものです。

まさに、家庭生活とは、人間が、与えられた現実の社会で、持続的に生きていくための諸活動だといえます。

現在のような知的情報社会においては、経済的独立性を達成し、効率的人生設計方法を身につけ、
必要な情報を的確に入手し、活用できるようになることが望まれます。

また、収入増を望んでも難しい環境の中で、ガソリンや食料品などの物価の値上がり、格差問題、少子化問題、教育の問題、年金問題など、数え上げればきりがないほど、さまざまな問題が山積している現在の複雑な経済社会で、バランスの取れた健全な家庭生活を維持するために、家庭生活を上手に経営していくことが、家族にとって非常に重要な課題となります。

例えば、30代においては、結婚、出産、育児、教育、マイホームと新しい家族が形成され、40代においては、住宅ローン、教育費、食費、衣料費など人生で最もお金が掛かる時期となり、50代においては、子供もひとり立ちし、いよいよ第2の人生について考え始める時が近づいてきます。

人生の成功、失敗は、経済的土台を如何に築くかにかかっているといわれています。
そのためのツールはあるのか、もしあるとすれば、そのツールがわかれば、健全な家庭生活を維持することができます。

お金持ちになるための方法に関する本はたくさん出版されていますが、まず大事なことは、己を知ることではないでしょうか。
己の家庭生活の情報を持ち、
自分で操作できるツールを知らなければ、生活改善などはできません。

その一つのツールが複式簿記です。
複式簿記の基本的知識を持つことで、家庭生活の経営分析や情報分析などができます。

「複式簿記」とは、会計主体が必要とする会計情報を作るための基本的なツール(技術)です。複式簿記の基本的な考え方がわかれば、会計情報を正しく判断したり、分析したりすることができます。

まさに、複式簿記は家庭生活を守るツールなのです。

会計情報を必要とする経済主体を会計主体と言い、会計主体としては、例えば、株式会社など、利益を目的とする法人とか、給与所得者など利益を目的としない個人などがあります。

 また、経済主体ごとに、その経済活動を貨幣額で測定し、記録して作られる会計情報は、経済主体の目的、内容により異なります。

 この会計とは、「特定の経済主体の構成員が営む経済活動およびこれに関する経済的事象を、主として貨幣額で測定し、記録し、かつ伝達する行為であり、会計の目的、内容は、経済主体の構成員の意思や要求によって決まり、この意思や要求は、時代と環境の変化によって常に変わるものである」と言われています。

現在の複雑な経済社会において、必要な知識情報にもとづいて家庭経営をするということが、健全な家庭生活をを維持していくことを可能にします。
そのためのツールが、複式簿記です。


 (参考)ロビンソン・クルーソーと複式簿記

子供の頃、世界名作全集などで「ロビンソン・クルーソー漂流記」を読んだことのある人は多いことでしょう。18世紀の初めにイギリスのダニエル・デフォーが書いたこの物語は、乗組員ロビンソン・クルーソーが、南米ブラジルからアフリカのギニア海岸に向けて航海中、船が難破して、カリブ海の無人島にたった一人流れ着く話です。

無人島にたった一人漂着したロビンソンは逞しく生き抜いていきます。彼は難破船から、食料品、大工道具、弾薬、武器、資材などを探し出し、それらをいかだに乗せて島に運び込む。小高い丘の中腹に岩に面した平地があるのを見つけ、そこに住居を定めると、周りにはくいを打ち、柵をめぐらせ、外敵が容易に侵入できないように要塞を作った。島内を探検しながら、野生のヤギや野鳥を見つけては銃で撃ち、食料に加えた。

さらには、大麦や稲を地面にまいて小さな畑を作り、ヤギを捕まえて家畜として飼うようになる。ヤギの皮から服を作り、粘土をこねて土器を焼きかまどもこしらえる。着々と孤島の生活を豊かに整えていくのである。難破船から持ち出した小さな財産を十分に活用して、孤島生活に前向きに立ち向かう姿がそこにある。

  彼は大変な働き者であり、それ以上に優れた経営者でもある。大麦の栽培は、そもそも鶏の餌袋の底に残っていた10粒ほどを捨てたことに始まるのだが、これが偶然穂をつけ数十粒の大麦をもたらす。彼はこの数十粒を大事にして、決して一度には蒔かなかった。リスク分散を図って、3分の1ほど残しておくのである。

実際、一回目に蒔いた種はすぐに乾季に入ってしまったため、芽を出さず、駄目にしてしまった。雨季に入る前にもう一度蒔いた種がようやく芽を出す。このときも、念のため一つまみほど種を残しておいている。

日記をつけ、継続的に報告書を作った!

やがて収穫のときが来るが、ロビンソンはこれを食べてしまわないで、さらに再投資を繰り返す。彼がこの大麦でパンを焼いて食べるのは、なんと四年目のことである。飼い始めたヤギもだんだんに数を増やしていき、ついにはその乳からバターやチーズが生産できるまでになる。

今日の経済風に言いか換えれば、資材や道具を十分に活用して、生活用品や食料を作り出す一方、そこから生まれてくる余剰を一度に使ってしまわずに、投資して拡大再生産を図ったのである。

その後、従僕フライデーやその父、スペイン人の漂流者なども加わって、島は少しずつ賑やかになっていく。結局、ロビンソンは28年間を島で送ることになるのだが、その頃には優に十数人を養えるくらいの食糧を生産できる規模に家計は成長を遂げていた。もう家計と言うより経済と言ったほうがいい規模である。実はこの人、ロビンソン・クルーソーは単なる乗組員ではなく難破する前は、貿易商人や農場経営者として、それなりの成功を収めていたのだ。経営の発想を使って、家計を運営していたと見ていい。

ロビンソン・クルーソーの行動は、衝動的ではなく勤めて計画的である。彼は帳簿そのものをつけていないものの(紙やインクは貴重品なのだ)、毎年、収穫した穀物や家畜の数量を正確に記録した彼の日記が、帳簿の役割を果たしていた。

彼は、労働の結果(例えば、大麦の種子をまいた量と収穫した量)をきちんと記録していた。しかも一年ごとに、財産の状況と損益の状況を整理している。自分の試行錯誤を積み重ねた記録こそが、絶海の孤島に暮らす彼にとって、自分を導いてくれるただ一人の師匠だった。

このように、ロビンソン・クルーソーは、毎年一年間を区切って、大麦などの成長の事実を日記につけ(事実を記録する)て、どれだけ大麦が増えたのか(財産の把握)という報告書と、大麦の収穫した量と蒔いた量との差額(損益の把握)の報告書を作っていました。このロビンソン・クルーソーの行為は、複式簿記そのものなのです。

 すなわち、複式簿記全体の流れは、1会計期間(1年間)の取引(会計事実)を記録(仕訳)し、分類・集計し、報告書(決算書)を作成することなのです。

複式簿記全体の流れ

1会計期間(1年間)

取引(会計事実)→記録(仕訳)→分類・集計→報告書(決算書)の作成

複式簿記は、今から500年以上も前に、人間の知恵によって作られました。そして、この複式簿記の知識を持っていることが、いかに役に立つかと言うことは、ロビンソン・クルーソーの話を通じてもわかると思います。