依田宣夫の一言コラム

   

 第1151回から第1160回  





「家庭経営とは」 家庭決算書とは   「家庭簿記入門」





 Top   Home 会社概要 家庭決算書 ソフト家庭決算書 コ ラ ム  トピックス 本・雑誌の紹介 家庭簿記 簿記3級 スマフォ簿記3級 ブログ
令和4年度銘 望地                                 家計会計協会
 
  一言コラム一覧 
第1161回から第1170回
第1151回から第1160回
第1141回から第1150回
第1131回から第1140回
第1121回から第1130回
第1111回から第1120回
第1101回から第1110回
第1091回から第1100回
第1081回から第1090回
第1071回から第1080回
第1061回から第1070回
第1051回から第1060回
第1041回から第1050回
第1031回から第1040回
第1021回から第1030回
第1011回から第1020回
第1001回から第1010回
第991回から第1000回
第981回から第990回
第971回から第980回
第961回から第970回
第951回から第960回
第941回から第950回
第931回から第940回
第921回から第930回
第911回から第920回
第901回から第910回
第891回から第900回
第881回から第890回
第871回から第880回
第861回から第870回
第851回から第860回
第841回から第850回
第831回から第840回
第821回から第830回
第811回から第820回
第801回から第810回 
第791回から第800回
第781回から第790回
第771回から第780回
第761回から第770回
第751回から第760回
第741回から第750回
第731回から第740回
第721回から第730回
第711回から第720回
第701回から第710回
第691回から第700回
第681回から第690回
第671回から第680回
第661回から第670回
第651回から第660回
第641回から第650回
第631回から第640回
第621回から第630回
第611回から第620回
第611回から第620回
第601回から第610回
第591回〜600回

第581回〜第590回

第571回〜第580回

第561回〜570回

第551回〜560回

 第541回550回

 第531回〜540回

第521回〜530回

第511回〜520回

第501回〜510回

第491回〜第500回

第481回〜第490回

第471回〜第480回   

第461回〜第470回

第451回〜460回

第441回〜第450回

第431回〜第440回

第421回〜430回

第411回第420回

第401回〜410回

第391回〜400回

第381回〜第390回

第371回〜第380回

第361回〜第370回

第351回から第360回

第341回から第350回

第331回から第340回

第321回〜第330回

第311回から第320回

第301回から第310回

第291回〜第300  

第281回から第290回

第271回から第280回

第261回から第270回

第251回から第260回

第241回〜第250回
第231回から第240回
第221回から第230回

第211回から第220回

第201回から第210回
第191回〜第200回

第181回から第190回

第171回から第180回

第161回から第170回

第151回から第160回

第141回〜第150回

第131回から第140回

第121回から第130回

第111回から第120回

第91回から100回

第81回から第90回

第71回から第80回
第61回から第70回
第51回から第60回
第41回から第50回 
第31回から第40回
第21回から第30回
第11回から第20回

第1回から第10回

 

      

   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  特集コラム1 1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

   特集コラム2  1000兆円の国の借金は、わたしたち、大人の責任です

 


                          
      
第1151回から第1160回


第1160回

女性活躍・男女共同参画の重点方針 2022

第1159回

選挙の意義と選挙人名簿登録者数

第1158回

2022年7月1日の財産対照表と6月分の消費損益計算書を作りましょう!

第1157回

令和4年5月 各政党における男女共同参画の取組状況と課題

第1156回

消費者物価指数 全国 2022年(令和4年)5月分

第1155回

4月の主要指標(労働力調査・消費者物価指数・家計調査

第1154回

一人ひとりが能力を発揮できる社会の実現に向けて
第1153回 消費者物価地域差指数
第1152回 共同参画 令和4年6月号

第1151回

4月の実質賃金


第1160回 女性活躍・男女共同参画の重点方針 2022

女性活躍・男女共同参画の重点方針 2022

(女性版骨太の方針 2022)

令 和 4 年 6 月 3 日 すべての女性が輝く社会づくり本部 男女共同参画推進本 部



はじめに
1.我が国の現状と課題
男女共同参画は、日本政府の重要かつ確固たる方針であり、国際社会で共有されている 規範である。また、個性と多様性を尊重する社会の実現、我が国の経済社会の持続的発展において不可欠な要素でもある。 しかしながら、令和3年3月に世界経済フォーラムが公表した「ジェンダー・ギャップ 指数」では156 か国中120 位であることに表れているように、我が国の男女共同参画の現状は諸外国に比べて立ち遅れていると言わざるをえない。また、長引く新型コロナウイル ス感染症の影響は、男女共同参画の遅れを改めて顕在化させた。その背景には、昭和の時代に形作られた各種制度や、男女間の賃金格差を含む労働慣行、固定的な性別役割分担意識など、制度・慣行・意識の3つの要素が相互に強化し合っているという構造的な問題があると考えられる。とりわけ、人生100年時代を迎え、女性の人生と家族の姿は多様化しており、もはや昭和の時代の想定が通用しないのが実態である。
このような課題への対応の鍵となるのが「女性の経済的自立」である。これを「新しい 資本主義」の中核と位置付け、女性が直面する課題を一つ一つ解決し、令和の時代において女性が経済的に自立して生きられる社会を実現する必要がある。 また、若い世代の身近な問題として顕在化したアダルトビデオ出演被害は、被害者の心身や私生活に長期間にわたって悪影響を与える重大な人権侵害であり、被害の発生・拡大防止に徹底した措置を講ずることが性を巡る個人の尊厳を保持するために不可欠である。 性犯罪・性暴力や配偶者暴力等への対策、困難な問題を抱える女性への支援等を通じ、女性が尊厳と誇りを持って生きられる社会を実現する必要がある。さらに、諸外国の女性は普通に手にしているのに、我が国の女性には手に入らないと指摘されている事柄についても、速やかに改善が図られるべきである。
男性もまた男女共同参画社会の主役である。これまで、男性は、長時間労働等の昭和時代から続く慣行に阻まれ、家庭や地域における活躍の機会が相対的に少なかった。女性の社会における活躍と歩調を合わせて、男性の育児等への参画や地域活動への参加を促し、 男性ものびのびと生きやすい社会を実現する必要がある。

2.「女性活躍・男女共同参画の重点方針
2022」の基本的な考え方 政府は、一丸となって、男女共同参画社会基本法に基づく「第5次男女共同参画基本計 画〜すべての女性が輝く令和の社会へ〜(令和2年 12 月 25 日閣議決定、以下「5次計画」 という。)」を着実に実行していく。特に、5次計画の中間年に当たる令和5年度に向けて、 取組を更に加速させていく必要がある。このため、5次計画に掲げられた具体的な取組については、本重点方針における記載の有無にかかわらず、着実に実施する。その上で、5 次計画で決定した成果目標の達成や施策の実施に向けた取組の更なる具体化を行うとともに、新たに取り組む事項として、
女性の経済的自立
女性が尊厳と誇りを持って生きられる社会の実現
男性の家庭・地域社会における活躍
女性の登用目標達成(第5次男女共同参画基本計画の着実な実行)
について、政府全体として今後重点的に取り組むべき事項を定める。政府は、本重点方針に基づき、横断的な視点を持って、速やかに各取組を進める。























第1159回 選挙の意義と選挙人名簿登録者数

選挙の意義


「選挙」は、私たち一人ひとりのために。

私たちは、家族や地域、学校や職場など、さまざまな場でくらしています。私たちの

生活や社会をよくするためには、私たちの意見を反映させてくれる、

代表者が必要であり、その代表者を決めるのが「選挙」なのです。



1. みんなの代表

 選挙によって選ばれた代表者は、国民や住民の代表者となります。
したがって、その代表者が職務を行うに当たっては、一部の代表としてではなく、すべての国民や住民のために政治を行うことになります。

2. 多数決

 民主政治の原則である多数決は、人々の意見を集約し、決定する際に用いる方法です。より多くの支持を得た者を代表者とすることによって、政治の安定化を図ります。

3. 身近な選挙

「選挙」とは、私たちの代表を選び私たちの意見を政治に反映させるためのもの。そのためにも、私たち一人ひとりが「選挙」に関心を寄せることで、「選挙」はもっと身近なものになるといえます。

4. 憲法と選挙

選挙に関する規定を定めた公職選挙法は、日本国憲法第15条で明記されている「公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する」という憲法の精神にのっとっています。

5. 選挙と政治

 日本は国民が主権を持つ民主主義国家です。
選挙は、私たち国民が政治に参加し、主権者としてその意思を政治に反映させることのできる最も重要かつ基本的な機会です。

6. 政治と国民

 「人民の、人民による、人民のための政治(政府)」。民主主義の基本であるこの言葉は、私たちと政治との関係を象徴する言葉です。
国民が正当に選挙を通して自分たちの代表者を選び、その代表者によって政治が行われます。


第4号の3 選挙人名簿登録者数及び在外選挙人名簿登録者数の合計(国内+在外)

R4.6.28訂正発表
都道府県 市 区 部 町 村 合 計
北海道 1,715,879 1,979,990 3,695,869 374,906 407,163 782,069 2,090,785 2,387,153 4,477,938
青森県 387,912 444,222 832,134 116,788 127,032 243,820 504,700 571,254 1,075,954
岩手県 407,234 445,049 852,283 88,940 95,598 184,538 496,174 540,647 1,036,821
宮城県 786,204 845,323 1,631,527 145,825 149,989 295,814 932,029 995,312 1,927,341
秋田県 354,866 403,278 758,144 37,057 41,805 78,862 391,923 445,083 837,006
山形県 346,539 376,870 723,409 87,548 92,393 179,941 434,087 469,263 903,350
福島県 610,354 642,863 1,253,217 156,660 160,540 317,200 767,014 803,403 1,570,417
茨城県 1,095,790 1,102,442 2,198,232 110,726 110,617 221,343 1,206,516 1,213,059 2,419,575
栃木県 707,939 716,903 1,424,842 101,593 100,446 202,039 809,532 817,349 1,626,881
群馬県 677,539 701,320 1,378,859 117,523 118,570 236,093 795,062 819,890 1,614,952
埼玉県 2,860,368 2,896,489 5,756,857 207,781 208,401 416,182 3,068,149 3,104,890 6,173,039
千葉県 2,534,645 2,575,822 5,110,467 85,889 87,995 173,884 2,620,534 2,663,817 5,284,351
東京都 5,587,454 5,866,669 11,454,123 34,364 33,733 68,097 5,621,818 5,900,402 11,522,220
神奈川県 3,708,546 3,770,199 7,478,745 121,828 126,846 248,674 3,830,374 3,897,045 7,727,419
新潟県 871,636 935,479 1,807,115 31,415 32,664 64,079 903,051 968,143 1,871,194
富山県 389,049 417,782 806,831 33,962 37,461 71,423 423,011 455,243 878,254
石川県 394,981 428,061 823,042 58,374 63,686 122,060 453,355 491,747 945,102
福井県 269,605 289,084 558,689 38,133 40,246 78,379 307,738 329,330 637,068
山梨県 284,916 299,986 584,902 50,877 51,579 102,456 335,793 351,565 687,358
長野県 670,369 709,520 1,379,889 169,691 178,487 348,178 840,060 888,007 1,728,067
岐阜県 676,204 724,473 1,400,677 122,491 129,375 251,866 798,695 853,848 1,652,543
静岡県 1,405,471 1,454,717 2,860,188 91,929 95,733 187,662 1,497,400 1,550,450 3,047,850
愛知県 2,894,707 2,913,595 5,808,302 164,000 164,940 328,940 3,058,707 3,078,535 6,137,242
三重県 628,586 664,883 1,293,469 89,388 96,231 185,619 717,974 761,114 1,479,088
滋賀県 534,556 560,211 1,094,767 30,405 30,892 61,297 564,961 591,103 1,156,064
京都府 940,742 1,052,265 1,993,007 51,880 56,487 108,367 992,622 1,108,752 2,101,374
大阪府 3,416,162 3,763,431 7,179,593 71,342 78,881 150,223 3,487,504 3,842,312 7,329,816
兵庫県 2,060,333 2,304,026 4,364,359 101,183 110,102 211,285 2,161,516 2,414,128 4,575,644
奈良県 418,895 477,054 895,949 111,410 125,917 237,327 530,305 602,971 1,133,276
和歌山県 292,945 332,937 625,882 80,905 92,193 173,098 373,850 425,130 798,980
鳥取県 162,845 180,689 343,534 57,334 63,458 120,792 220,179 244,147 464,326
島根県 238,396 262,651 501,047 27,301 29,948 57,249 265,697 292,599 558,296
岡山県 703,942 770,061 1,474,003 44,816 49,122 93,938 748,758 819,183 1,567,941
広島県 1,044,863 1,130,736 2,175,599 70,140 75,213 145,353 1,115,003 1,205,949 2,320,952
山口県 513,114 578,231 1,091,345 21,530 24,481 46,011 534,644 602,712 1,137,356
徳島県 219,010 243,772 462,782 75,539 83,029 158,568 294,549 326,801 621,350
香川県 328,087 357,570 685,657 60,205 65,357 125,562 388,292 422,927 811,219
愛媛県 484,004 549,171 1,033,175 50,091 56,091 106,182 534,095 605,262 1,139,357
高知県 226,728 260,038 486,766 51,819 57,962 109,781 278,547 318,000 596,547
福岡県 1,748,548 1,994,148 3,742,696 238,063 260,918 498,981 1,986,611 2,255,066 4,241,677
佐賀県 261,157 296,106 557,263 55,530 61,887 117,417 316,687 357,993 674,680
長崎県 461,829 533,489 995,318 54,887 62,230 117,117 516,716 595,719 1,112,435
熊本県 548,222 626,444 1,174,666 134,341 147,587 281,928 682,563 774,031 1,456,594
大分県 427,008 481,578 908,586 21,734 23,816 45,550 448,742 505,394 954,136
宮崎県 351,669 402,479 754,148 69,601 77,353 146,954 421,270 479,832 901,102
鹿児島県 552,542 637,735 1,190,277 71,627 76,526 148,153 624,169 714,261 1,338,430
沖縄県 444,574 470,631 915,205 131,964 135,800 267,764 576,538 606,431 1,182,969
合計 46,646,964 49,870,472 96,517,436 4,321,335 4,596,780 8,918,115 50,968,299 54,467,252 105,435,551
(再掲)
鳥取県・島根県 401,241 443,340 844,581 84,635 93,406 178,041 485,876 536,746 1,022,622
徳島県・高知県 445,738 503,810 949,548 127,358 140,991 268,349 573,096 644,801 1,217,897


 (総務省)





第1158回 2022年7月1日の財産対照表と6月分の消費損益計算書を作りましょう!


  ・2022年7月度の財産対照表を作りましょう

                    2022年7月度財産対照表
                          
                   (2022年7月1日現在)
       (単位:円)


左方(ひだりかた)

   金 額

右方(みぎかた)

   金 額

資産の部

 

   負債の部

 

現 金

 

住宅ローン

 

  カードポイント

 

その他借入金

 

 電子マネー

 

カード未払金

 

普通預金

 

未払金

 

定期性預金

 

後払い電子マネー

 

その他預金

 

その他負債

 

土 地

 

負債合計

 

建 物

正味財産の部

マンション

 

 家族財産

 

有価証券

 

 留保財産

 

保険積立金

 

 当期消費損益

      

車 両

 

正味財産合計

 

売却可能な高額品

 

 

その他資産

 

 

 

現金過不足

資 産 合 計

 

負債・正味財産合計

 



  (1)  正味財産の計算

    正味財産=資産合計―負債合計

  (2)留保財産(あなたが今まで働いて自力で築き上げた財産の金額)の計算

      留保財産=正味財産―家族財産
 

  ・2022年6月1日から6月30日の消費損益計算書を作りましょう

   当月度(6月1日から6月30日)の収入科目と消費科目の
合計金額を

   科目ごとに記帳します。

   累計は6月の合計金額になります。累計の当期消費損益は、

   7月1日の財産対照表の当期消費損益に一致します。



                    2022年6月度消費損益計算書

                   (2022年6月1日から6月30日) (単位円)

  科 目

 当 月

 累 計

  科 目

 当 月

  累 計

収入の部

金 額

金 額

特別収入の部

 金 額

 金 額

給 料

 

 

受取利息

 

 

賞 与

 

 

受取配当金

 

 

家族収入

 

 

受贈給付金

 

 

年金・その他

 

 

資産評価益

 

 

収入合計

 

 

有価証券売却益

 

 

消費の部

 

 

カードポイント収入

 

 

税金等

 

 

その他  

 

 

(所得税)

 

 

特別収入合計

 

 

(住民税)

 

 

特別消費の部

 

 

(社会保険料)

   

 

住宅ローン支払利息

 

 

(その他税金)

 

 

その他支払利息

 

 

日常生活費

 

 

資産評価損

 

 

(食料費)

 

 

有価証券売却損

 

 

(通信費)

 

 

カードポイント損失

 

 

(交通費)

 

 

 その

 

 

(水道光熱費)

 

 

特別消費合計

 

 

(新聞図書費

 

 

当期消費損益

 

 

(消耗品費)

 

 

 

 

 

その他生活費

 

 

 

 

 

(外食費)

 

 

 

 

 

(交際費)

 

 

 

 

 

(医療費)

 

 

 

 

 

(旅行費)

 

 

 

 

 

(教育費)

 

 

 

 

 

(衣料費)

 

 

 

 

 

消費合計

 

 

 

 

 

通常消費損益

 

 

 

 

 

  通常消費損益=収入合計−消費合計

  当期消費損益=収入合計−消費合計+特別収入合計−特別消費合計


 (注)1月の場合は、当月金額と累計金額が同じ金額になっています



(参考)

  企業会計原則

  一般原則

 一 真実性の原則

   企業会計は、企業の財政状態及び経営成績に関して、真実な報告を提供するもので
   なければならない。


 二 正規の簿記の原則

   企業会計は、すべての取引につき、正規の簿記の原則に従って、正確な会計帳簿を
   作成しなければならない。


    正確な会計帳簿を実現するために、正規の簿記の原則では、
    次の3つの要件を満たすことが求められています。

      1 網羅性  企業の経済活動のすべてが網羅的に記録されていること

      2 立証性  会計記録が検証可能な証拠資料に基づいていること

      3 秩序性  すべての会計記録が継続的・組織的に行われていること


 四 明瞭性の原則

  企業会計は、財務諸表によって、利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示し、
  企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない。

 五 継続性の原則
   企業会計は、その処理の原則及び手続を毎期継続して適用し、みだりにこれを
   変更してはならない








第1157回 令和4年5月各政党における男女共同参画の取組状況と課題

 令和4年5月 内閣府男女共同参画局

    各政党における男女共同参画の取組状況と課題















第1156回 消費者物価指数 全国 2022年(令和4年)5月分

   2020年基準 消費者物価指数 全国 2022年(令和4年)5月分

     総務省(2022年6月24日公表)
  年平均(前年比 %) 月次(前年同月比 %)
2019年 2020年 2021年 2022年2月 3月 4月 5月
総合 0.5 0.0 ▲0.2 0.9 1.2 2.5  2.5
生鮮食品を除く総合 0.6 ▲0.2 ▲0.2 0.6 0.8 2.1  2.1
生鮮食品及びエネルギーを除く総合 0.6 0.2 ▲0.5 ▲1.0 ▲0.7 0.8  0.8
≪ポイント≫

 (1)  総合指数は2020年を100として101.8
    前年同月比は2.5%の上昇  前月比(季節調整値)は0.2%の上昇
 (2)  生鮮食品を除く総合指数は101.6
    前年同月比は2.1%の上昇    前月比(季節調整値)は0.1%の上昇
 (3)  生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は100.1
    前年同月比は0.8%の上昇  前月比(季節調整値)は0.1%の上昇

 










第1155回 4月の主要指標(労働力調査・消費者物価指数・家計調査


   統計ヘッドライン −統計局月次レポート−

  No.148 2022年 4月の主要指標

    労働力調査・消費者物価指数・家計調査


     総務省統計局    (令和4年6月13日)




















第1154回 一人ひとりが能力を発揮できる社会の実現に向けて

2021 年10 月29 日
仕事・働き方・賃金に関する研究会

―一人ひとりが能力を発揮できる社会の実現に向けて ―


財務総合政策研究所
総務研究部長 上田 淳二




研究会開催にあたっての問題意識

近年、日本の労働市場では、仕事や働き方に、大きな変化が生じている

・女性・高齢者の労働参加率の上昇
・「働き方改革」をはじめとする労働市場改革

一方で、仕事・働き方・賃金については、性別による差異や、正規・非正規 などの様々な違いが
依然として存在する。

・ 正規・非正規などの労働契約、フリーランス・ギグワーク等
・男女の賃金格差、労働時間等

新型コロナは、経済活動に大きな影響を与えるとともに、今後の課題を目 に見える形で明らかにしてきた。
・リモートワーク等の積極的な活用、デジタル化への対応の必要性
・エッセンシャルワークの重要性

生産性と賃金が上昇して家計の所得が増加し、需要が増加する好循環を 実現するとともに、少子化の傾向に
歯止めをかけるためには、

・長時間労働や低生産性からの脱却
・男女の社会・家庭内の固定的役割分担の柔軟化 等が大きな課題。

一人ひとりがより能力を発揮でき、その成果を享受できる社会を実現するた めには、仕事・働き方・賃金に
ついて、どのように視野を広げ、仕組み・制度 の見直しを考えることが必要か?




正規雇用と非正規雇用
・2000年代を通じて、「非正規雇用者」の数が男女ともに増加してきたが、近年は、女性の 正規雇用者が徐々に増加している。〔労働力調査〕
・年間労働時間は、「一般労働者」について長らく平均2,000時間を超えていたが、2018年 以降、やや減少している。
また、「パートタイム労働者」の平均労働時間は減少傾向にある。 〔毎月勤労統計〕
















第1153回 消費者物価地域差指数

         消費者物価地域差指数

−小売物価統計調査(構造編)2021年(令和3年)結果−(総務省統計局)


1.「総合」の物価水準

□ 物価水準が最も高いのは東京都で9年連続、物価水準が最も低いのは 宮崎県で4年連続
□ 2020年と比較して、物価水準の地域差はやや縮小
□ 物価水準が高い東京都及び神奈川県は「住居」が最もプラスに寄与し、 物価水準が低い宮崎県は「食料」が、群馬県は「教育」が最もマイナスに寄与



(1)都道府県の物価水準
2021年(令和3年)平均消費者物価地域差指数(全国平均=100)の「総合」を都 道府県別にみると、東京都が104.5と最も高く、次いで神奈川県(103.0)などとな っており、小売物価統計調査(構造編)の調査を開始した2013年(平成25年)以降、 9年連続で同様の傾向となっている。 一方、最も低いのは宮崎県(96.2)で、次いで群馬県(96.6)などとなっており、 宮崎県は4年連続で最も低い都道府県となっている。 次に、物価水準が最も高い東京都と最も低い宮崎県との比率をみると、1.09倍(= (104.5)÷(96.2))となっている。これは、2020年(令和2年)の比率1.10倍(= 東京都(105.2)÷宮崎県(95.9))と比較して0.01ポイント低下している。また、 10都道府県で指数が100(全国平均)以上と、2020年の8都道府県(注1)と比べて増 加していることからも、物価水準の地域差がやや縮小しているといえる。 なお、指数が100(全国平均)以上の10都道府県のうち、4都県(埼玉県、千葉 県、東京都及び神奈川県)が南関東の地域となっている。 (図1、別表1)

(2)都道府県と都市の物価水準の傾向
都市(注2)別にみると、物価水準が高い東京都及び神奈川県では、東京都区部105.3、 川崎市104.2、横浜市103.6及び相模原市101.8といずれの都市も物価水準は高く、 一方、物価水準が低い群馬県及び宮崎県では、前橋市96.5及び宮崎市96.9と両都市 とも低くなっており、都道府県と都市の物価水準は同様の傾向となっている。 (図2、別表2)

(3)都道府県の「総合」に対する10大費目別寄与度
物価水準が高い東京都及び神奈川県について「総合」に対する内訳として10大費 目別寄与度をみると、いずれも「住居」(2.21及び1.11)が最もプラスに寄与してお り、逆にマイナスに寄与しているのは「光熱・水道」(-0.50及び-0.31)のみとなっ ている。 一方、物価水準が低い宮崎県では「食料」(-1.36)が、群馬県では「教育」(-0.88) が最もマイナスに寄与しており、逆にプラスに寄与しているのは、宮崎県及び群馬 県共に「光熱・水道」(0.17及び0.03)のみとなっている。 (図3、別表3)

(注1)東京都、神奈川県、京都府、千葉県、埼玉県、山形県、北海道及び石川県
(注2)都道府県庁所在市(東京都は東京都区部)及び政令指定都市(川崎市、相模原市、浜松市、堺市及び北九州市)を指す。



2.10大費目別の物価水準



□ 物価水準が高い東京都及び神奈川県は、「住居」が極めて高く、次いで 「教育」も高くなっている
□ 宮崎県は「住居」が低く、群馬県は「教育」が極めて低くなっている












第1152回 共同参画 令和4年6月号


  共同参画令和4年6月号(共同参画局)


「クオータ制」導入が、日本を救う

佐々木かをり Kaori Sasaki 株式会社イー・ウーマン 代表取締役社長

「自然に任せていたら200年かかる」と1人の貿易産業大臣(男性)による強力 なイニシアチブで企業の取締役会に4割を女性にするクオータ制の法律が施行され たノルウェー。約20年前の2002年のことだ。条件を満たさない会社は総会で解散 決定するか裁判所により会社の解散が決定される。  経済界の強い反発があったドイツも、2015年に「自然の変化に任せていては90 年かかる」と試算しクオータ法を成立させた。役員比率は男女共に30%以上にする 義務が課され、女性が選出されない場合、男性は付けず空席を維持しなければなら ない。  米国もカリフォルニア州が2018年に法整備した。取締役総数が4人以下の企業は1 人以上の女性取締役を、5人なら2人以上、6人以上なら3人以上を置く義務がある。 違反すると足りない人数1人あたり10万ドル、約1200万円の罰金が課せられる。  米国ナスダック市場では、「取締役会多様性規則」が導入され、ジェンダー認識 の分布、人種や民族の分布、LGBTQ+などの「取締役会多様性マトリックス」の 公表を義務化。違反が継続すると上場廃止に至る。  そして英国。既に上場主要350社で取締役会に女性がいない企業はゼロになって いるが更なる多様性確保のために取締役の40%以上を女性、少なくとも1人は白人 以外。さらに会長やCEOやCOOなどの上級職に、少なくとも1人は女性とするこ とを求めることを金融行為規制機構(FCA)が決めた。  日本は、今動かなければ、グローバル社会での未来はない。雇用機会均等法が施 行されてから35年以上経つが、男女格差は世界120位。自然には何も起きなかっ た。東京医大が入試で男性にゲタを履かせていたと大ニュースになったが、「成績 で採用すると女性が多くなってしまう」と多くの企業は男性枠を決め、暗黙の男性 クオータ制を長年続けている。なんとプライム市場に上場した企業の3割が、女性 取締役ゼロと報告されている。  女性活躍は、取り組むべく1つの分野なのではなく、日本発展のための全ての課 題解決に必要な横串の戦術である。経済、政治、教育、医療などどの分野において も「多様な視点」を入れることが組織を危機から救い、イノベーションを生み、成 長へ導く。真の組織内ダイバーシティの指数を出す「ダイバーシティインデック ス」でも多様な人財採用は重要な調査項目。世界では、取引先、サプライチェーン のダイバーシティを確認する動きも出てきており、投資も ESG企業に流れるよう になっている。  取締役を男女それぞれを4割以上にしよう。課長以上の管理職も男女ともに4割以 上に。そして入札を含め、発注先・取引先の10%以上を女性が経営する会社にしよ う。日本は世界トップクラスの教育を受けた女性たちがいる。女性を含めた国民一 人ひとりの能力を活かす以外、日本の発展はない。  グローバル社会から孤立するのか。それとも日本の国力を発揮するのか。今ク オータ制をとりいれずして、日本の活性化は当分起きないだろう。



特集 1 Page.2 諸外国の経済分野における女性比率向上に係る クオータ制等の制度・施策等に関する調査





特集 2 Page.4 仕事と子育て等の両立を阻害する慣行等調査の結果



特集 3 Page.7 女性デジタル人材育成プラン








第1151回 4月の実質賃金

4月の実質賃金、1.2%減 物価高で4カ月ぶり低下

6/7(火) 8:39配信 (時事通信社)

厚生労働省が7日発表した4月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、基本給と残業代などを合わせた現金給与総額(名目賃金)から物価変動の影響を除いた実質賃金は、前年同月比1.2%減となった。  名目賃金が増えたものの物価上昇がそれを上回り、昨年12月(1.3%減)以来、4カ月ぶりのマイナスだった。  実質賃金がマイナスに陥れば、生活などへの不安から消費停滞につながる恐れがある。  実質賃金の算出に用いる4月の消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く総合)は3.0%上昇した。原油や原材料の高騰を背景に、消費税増税の影響があった2014年10月(3.4%上昇)以来の高い伸びだった。名目賃金が増えたのに実質賃金が減少したのは2年5カ月ぶり。  4月の現金給与総額は、労働者1人当たりの平均で1.7%増の28万3475円だった。基本給が中心の「所定内給与」が1.1%増、残業代を含む「所定外給与」が5.9%増加した。賞与など「特別に支払われた給与」も7.2%伸びた。 



  厚生労働省 令和4年6月7日